ベスパPX150マフラー交換

VESPA PX150のマフラー交換を交換してみたよ!

VESPA PX150のマフラーを交換してみました。僕の後に続く人もいるかもしれないので、経験も無い、マニュアルも持ってない素人整備ですが、手順を記録として残しておきます。参考にする人はその辺りを十分考慮してくださいね。

POLINI製レース用マフラー

ベスパPX150マフラー交換
ベスパPX150マフラー交換

↑僕が宇賀神商会様から仕入れたPOLINI製のオリジナルタイプ ワイドエキパイ サーキット/レース用マフラー。いわゆるノーマルルックのレース用マフラーですね。

↑僕は宇賀神さんから買ったんですが、Amazonでも販売されています。

ベスパPX150マフラー交換
ベスパPX150マフラー交換

↑取り外したノーマルと比較するとその大きさがよくわかると思います。とにかくエキパイも太く横縦デカイ!そしてそのデカさが取付けのアダになっちゃいました。

VESPA PX150のサイドカバーを両方取り外そう!

ベスパPX150マフラー交換
ベスパPX150マフラー交換

↑シートを上げて、レバーを回してサイドカバーを取り外します。これもの凄く便利。簡単にサイドカバーが外れて、エンジンやら吸気系にアクセスできちゃう。これが日本製のスクーターだと爪を割らない外すのが大変なんだよね。でもベスパは楽勝でした。整備性までよく考えられてるね。スゴイ。

VESPA PX150を横倒させよう!

ベスパPX150マフラー交換
ベスパPX150マフラー交換

↑1速に入れてからガソリンコックをオフにしてVESPA PX150を横転させましょう。もちろん倒す方向には毛布を敷いて、車体に傷が使いないように養生します。僕は最初はエンジンにクルマ用のジャッキをかけて作業をしていたんだけど、車体に強い力をかけると重心が動き、ジャッキがズレてしまい、作業中に車体が倒れてしまう恐れがありました。もう最初っから倒してしまう方が素人作業には安心です。

スペアタイヤを外そう!

ベスパPX150マフラー交換
ベスパPX150マフラー交換

↑14のボックスレンチを使って2箇所のナットを外し、スペアタイヤを取り外します。

リアタイヤを外そう!

ベスパPX150マフラー交換
ベスパPX150マフラー交換

↑スペアタイヤを外したら、こんどはリアタイヤを取り外しします。

ノーマルマフラーを取り外そう!

ベスパPX150マフラー交換
ベスパPX150マフラー交換

↑ノーマルマフラーを取り外しましょう。また、ノーマルマフラーに付属している2次エア吸入装置はもう必要ないので取り外して、ノーマルマフラーと一緒に保管しておきましょう。

POLINI製マフラーを熱して叩こう!

ベスパPX150マフラー交換
ベスパPX150マフラー交換

↑フィッティングしてみるとスタンドのスプリングを止めている金具に接触して、ボルトが入らず取付けられません。そこで、止め金具とPOLINI製マフラーが接触する部分をバーナーでアツアツに熱し柔らかくしてから、ハンマーでぶっ叩いて強引に凹ませました。←(素人が判断した結果です。これが正しい取付けなのかは分かりません。)強く叩きすぎると、マフラーに穴が開いちゃいそうなので注意が必要です。

ベスパPX150マフラー交換
ベスパPX150マフラー交換

↑ボルトが入るような形状に整ったら、叩いた部分をサビ止めとして必ず耐熱ペイントコートで塗装しておきましょう。穴位置が上手く合うマフラーならこの工程は必要ありません。

POLINI製マフラーを取り付けよう!

ベスパPX150マフラー交換
ベスパPX150マフラー交換

↑塗装が終わって、塗布面が乾燥したらPOLINI製マフラーを取付けましょう。叩いてしまえば、スプリングステーをとめる金具に干渉しないので簡単に取り付けることができました。あっ、スタンドのゴムブーツが外れてる!

ベスパPX150マフラー交換
ベスパPX150マフラー交換

↑スタンドスプリングステーとマフラーの拡大写真です。右側を観て下さい。隙間がありますよね?これを熱して叩かなければ、この部分がマフラーと接触して穴位置が合わず取付けが出来ませんでした。

キャブレターをセッティングをしよう!

マフラーを取付けたら次はキャブセッティングです。

ベスパPX150キャブセッティング
ベスパPX150キャブセッティング

↑写真に正面の黒い部分がキャブレターエアクリーナーカバーです。プラスドライバーでこのカバーを取り外しましょう。ドライバーが入りにくく、ネジ山を潰す恐れがあるので板ラチェットドライバーを使ったほうが良いでしょう。

↑板ラチェットドライバー

ベスパPX150マフラー交換
ベスパPX150マフラー交換

↑エアクリーナーカバーを外すと、エアクリーナーが出てきます。真ん中はアイドル調整。アイドル調整の隣右左にあるマイナスネジを緩めてとりはずします。

ベスパPX150マフラー交換
ベスパPX150マフラー交換

↑エアクリーナーを外すと、キャブが露出します。写真金色の左側がスロージェト(アイドルジェット)、右側がメインジェットです。

PX150 EURO3のキャブはデロルトのSI20/20Dです。標準のインナーパーツの構成は下記の通り。

  • M/J(メインジェット)#98←高回転域の燃料の量を決める。
  • S/J(スロージェット)#45-160←低回転~中回転域付近の燃調を決める。
  • AC/J(エアーコレクトジェット)#150←空気の増減を決める。
  • Em/J(エマルション)#BE5←メインジェットの燃料とエアジェットの空気を混ぜ合わせる。
  • ST/J(スタータージェット)#60←スタート時(チョーク)の燃料の量を決める。
ベスパPX150キャブセッティング
ベスパPX150キャブセッティング

↑右側のメインジェットをマイナスドライバーで取り外しましょう。メインジェットの構成は写真左側がエアジェット中間がエマルジョン、右側の先端がメインジェットになります。メインジェットの穴に細い棒などを差し入れ引き抜いてメインジェットを交換しましょう。僕は#98から#102へ交換しました。

2ストロークバイクのセッティングは標準より2つ~5つ位上のメインジェットを取付けて「濃い」状態から行います。試走して体感的に吹け上がりが悪く、引っ掛かりがあり、最高回転数もノーマルより落ちているように感じれば、まだ「濃い」状態です。この場合はメインジェットをもう一段下げて試走を行います。吹け上がりも良く、引っ掛かりもない、最高回転数もノーマルの時と同等になるようになるまでメインジェットの番手の交換を繰り返してセッティングを詰めていきます。(PX150だとレブリミットが設定されているっぽいんで、失火するまで回してみましょう)

メインジェットのセッティングのみにでアクセル中回転域から高回転域までスムーズに吹け上がればキャブセッティングは終了です。しかし、低、中回転域で吹け上がりが悪かったり、トルク感が無い場合はスロージェットを交換しましょう。セッティングはメインジェットと同じで「濃い」状態から初め、試走を重ねてセッティングを詰めていきます。

ジェットを交換したら試走してプラグの焼け具合を確認しよう

ベスパPX150キャブセッティング
ベスパPX150キャブセッティング

↑試走して問題が無いようであればプラグの焼け具合を確認しましょう。上の写真は白っぽいですね。これでセッティングが出てるのであれば、プラグの番手を一番上げて試走しプラグをチェックし、キツネ色になったら新品のプラグに付け替えてさらに60kmくらい走り周り、最後にアクセルを全開した後に、エンジンを切ってプラグをチェックして薄いキツネ色になっていたらセッティングの終了です。

ベスパPX150マフラー交換
ベスパPX150マフラー交換

↑僕の場合はプラグの番手を一番上げてこの状態。ついでイリジウムに交換しました。ちょっとカブり気味っぽいですが、吹き上がりは問題ないので一旦はこれで様子をみてみます。

↑VESPA PX150用NGKイリジウムプラグ、番手を上げてBR7HIXを使っています。

まとめ

マフラーを交換したらパワーで一割増くらいかな?全体的にアクセルを開けたときのツキがよくなったし、平地だったら90Km/h位まで到達しやすくなって、峠の上りも気持ち楽になりました。

VESPA PX150は整備性までもよく考えられたスクーターです。メンテナンスする上で重要な部分は簡単にアプローチできます。国産だとカウリングのツメの位置を探して割れないように外すのが一苦労。だから穴にボルトが入りさえすれば、PX150のマフラー交換だけなら30分もあれば楽勝です。また、新品で買ったマフラーを叩いて凹ませるといった荒業を即座に思いつくような人も楽勝でしょう。僕のように適合機種に入ってさえいれば、アフターパーツはポン付け出来るのが当たり前と思ってる人には大変な作業です。だって、そこまで考えが思いつかないんだもん…。この記事を読んで、マフラーの取付けが面倒くさいと思った人はショップに取付けてもらうほうが正解です。

ただ、一連の作業はVESPAを維持して行く上で、とても重要な経験となりました。タイヤ交換、ドラムブレーキシュー交換などにおいても必須となる作業となります。これからのメンテナンスやらカスタムする時の糧になるので、マフラーの取付けを自分で作業するのはオススメですよ!

関連記事

↑PX150(EURO3)にタンデムステップとアルミスタンドブーツを取付けてみました。その取り付け方法からインプレッションまでを記事にしています。

↑ツーリングの楽しみの一つであるキャンプツーリグ。今回は僕の経験を元にしたバイクでのキャンプツーリングにおすすめの失敗しないキャンプ用品(道具・装備)をまとめてみました。バイクでのソロキャンプをメインで考えて、なるべくローコストで永く使えてコンパクトでパッキングしやすい事をメインに考えて選んでみました。

↑バイクに乗ってると、一度はキャンプツーリングに行ってみたって人も多いのではないでしょうか?今回はAmazonで買えて、ユーザーの評価も高い激安のキャンプツーリング道具をまとめてみました。最低限の装備なら2万円未満でキャンプツーリングに行けるんじゃないかな?キャンプツーリングに興味ある人は是非、読んでみてください。

↑ソロツーリング主体で「バイクに乗る時インカムまでは要らないけど、音楽は聞きたい!」って人におすすめな、市販品を組合せで合計3千円台でBluetooth対応のヘルメットが出来ちゃう方法を紹介します。

↑Bluetoothに対応したインカムを使えば、ツーリング仲間と会話も出来るだけでなく、スマートフォンの音楽を聞けたり、バイクの乗りながら電話もできちゃいます。高級なインカムから、中国製のインカムまでを網羅して記事にしました。気になる方は参考にしてください。

↑GPZ900Rのバッテリーがダメになって交換することになりました。ちょうどいいタイミングだったんで、バイク用品屋さんで見かけるようになった、リチウムイオンバッテリーに交換してみようかと思ったんでアレコレ調べて記事にしてみました。

↑バイクに乗って一番イヤなのは雨の日のツーリング。雨の日は走らないと決めている人でも、夕立ちで雨に降られる事があります。僕の経験を元にした失敗しないバイク用のレインウェアについて記事にしています。

↑耐久レースで転んでヘルメットに思いっきり傷を付けちゃったんで、買い換えることにしました。ちょうど良かったんでヘルメットの種類や安全規格、バイクのタイプ別のおすすめのヘルメットなんかを、大手メーカー別に初心者でも分かりやすいように詳しく調べて記事にまとめてみました。

↑↑今じゃバイクにスマートフォンをマウントするのは当たり前の時代ですよね?僕もいろいろとバイク用のスマートフォンホルダーを使ってきましたが、RAM-MOUNTSが手軽に一番しっかりとスマートフォンをマウントしてくれます。使ってとても良かったんで、取付け手順から操作感までレビューを記事にしました。気になる方は参考にしてください。

↑郵便配達のバイクの後ろ。銀行員のバイクの後ろに付いてる箱がありますよね?あれがバイク用のトップケースです。またの名をリアボックス。メットイン機能があるスクーターを除けば、ほとんど荷物を積めるところがないバイク。トップケースが有るのと無いのとでは、積載量が大違い。バイクのトップケースを装着したいと思ったんで、トップケースのメーカーや、トップケースを装着した時のメリットやデメリットとなんかについていろいろ調べてみました。

↑寒い冬のバイク乗りの味方であるカイロ(懐炉)ベンジンを燃料にした「ハクキンカイロ」について記事にしています。安い値段で高価な電熱ジャケット並の暖かさ!冬でもバイクの乗る人にオススメします!

「VESPA PX150のマフラー交換を交換してみたよ!」への2件のフィードバック

  1. mkさん。コメントありがとうございます!
    本当はもう少し詳しい手順と写真が多い記事にしたかったのですが、
    マフラーを取り付けることに頭が一杯で手が回りませんでした。
    それでも参考になったのであれば何よりです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です