F.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付け

VESPA PX150のタンデムステップとアルミスタンドブーツを取付けたよ

F.A.ITALIAのタンデムステップを装着しました。これに併せてゴム製のスタンドブーツの片側が外れていたので、同じくF.A.ITALIAのアルミスタンドブーツを装着してみました。今回はその手順を記録として残しておきます。こちらもマフラー同様素人カスタム。参考にする人はその辺りを十分考慮してくださいね。

PX150のタンデムシートに子供を乗せてツーリングに行くのですが、足を載せる場所が無いと子ども達からえらい不評のPX150。おとーさんとしては最優先で解決すべき課題です。

今回のカスタムパーツ、F.A.ITALIA製のタンデムステップとアルミスタンドブーツ

F.A.ITALIAのタンデムステップ
F.A.ITALIAのタンデムステップ

↑これが届いたばかりのF.A.ITALIA製のタンデムステップ。

↑今回はAmazonから通販を利用して入手しました。

F.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付け
F.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付け

↑こっちは同じくF.A.ITALIA製のアルミスタンドブーツ。

↑こっちもAmazonから入手しました。地方住みの僕、そしてPX150の様なマイナーな車種のカスタムパーツでもAmazonから買えるのでいい時代になりましたね。

PX150を倒してしまおう

F.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付けF.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付け
F.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付け

↑センタースタンドと共締めするので、センタースタンドが利用できません。よってマフラー交換と同じく車体を倒して作業します。

センタースタンドを取り外そう

F.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付け
F.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付け

↑センタースタンドのスプリングと4本のボルトを外し、センタースタンドを取り外します。

アルミスタンドブーツを取り付けよう

F.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付け
F.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付け

↑片方だけ残ってるゴムブーツを取り外しました。てか、これ接着されてなんだね。引っ張るだけで簡単に抜けちゃった…。そりゃ簡単に外れて無くすわけだわ。

F.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付け
F.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付け

↑F.A.ITALIA製のアルミスタンドブーツを取付けます。これはボルトを締め付けるだけなんで取付けは楽勝。

タンデムステップを取り付けよう

F.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付け
F.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付け

↑問題はタンデムステップ。スタンドに共締めするスタッドが立ってるサポーターがフロア裏側の突起部分に干渉して取付けができません。そしてそもそも車体の穴位置すらも合っていません。おまけにタンデムステップに付属していたロックナットのネジ山が最初っから1個潰れてるし…。仕方ないので近所のホームセンターでM6×25mmのボルト4本とロックナットを買ってきて、M6×25mmのボルトを裏から差し込みタンデムステップを取付けました。

まとめ

タンデムステップを取付けた後に、子供と奥さんとタンデムで試乗してみたけど、タンデマーの身長が150cm前半だったらタンデムステップの高さがちょっと足りないかも…。あとは子供の成長を待つしかなさそうです。しかし、やっぱりイタリア製のカスタムパーツ。パーツに施されているメッキも汚いし、取付けも一筋縄では行きませんね。確かにPX150は歴史の古いバイクなので仕方なないんでしょうけど、マフラー交換同様、多少の知恵が必要でした。読んでて面倒くさいと感じた人はショップに頼むのが一番いい選択だと思います。

関連記事

↑PX150(EURO3)のマフラーを交換してみました。その取り付け方法からインプレッションまでを記事にしています。

↑ツーリングの楽しみの一つであるキャンプツーリグ。今回は僕の経験を元にしたバイクでのキャンプツーリングにおすすめの失敗しないキャンプ用品(道具・装備)をまとめてみました。バイクでのソロキャンプをメインで考えて、なるべくローコストで永く使えてコンパクトでパッキングしやすい事をメインに考えて選んでみました。

↑バイクに乗ってると、一度はキャンプツーリングに行ってみたって人も多いのではないでしょうか?今回はAmazonで買えて、ユーザーの評価も高い激安のキャンプツーリング道具をまとめてみました。最低限の装備なら2万円未満でキャンプツーリングに行けるんじゃないかな?キャンプツーリングに興味ある人は是非、読んでみてください。

↑ソロツーリング主体で「バイクに乗る時インカムまでは要らないけど、音楽は聞きたい!」って人におすすめな、市販品を組合せで合計3千円台でBluetooth対応のヘルメットが出来ちゃう方法を紹介します。

↑Bluetoothに対応したインカムを使えば、ツーリング仲間と会話も出来るだけでなく、スマートフォンの音楽を聞けたり、バイクの乗りながら電話もできちゃいます。高級なインカムから、中国製のインカムまでを網羅して記事にしました。気になる方は参考にしてください。

↑GPZ900Rのバッテリーがダメになって交換することになりました。ちょうどいいタイミングだったんで、バイク用品屋さんで見かけるようになった、リチウムイオンバッテリーに交換してみようかと思ったんでアレコレ調べて記事にしてみました。

↑バイクに乗って一番イヤなのは雨の日のツーリング。雨の日は走らないと決めている人でも、夕立ちで雨に降られる事があります。僕の経験を元にした失敗しないバイク用のレインウェアについて記事にしています。

↑耐久レースで転んでヘルメットに思いっきり傷を付けちゃったんで、買い換えることにしました。ちょうど良かったんでヘルメットの種類や安全規格、バイクのタイプ別のおすすめのヘルメットなんかを、大手メーカー別に初心者でも分かりやすいように詳しく調べて記事にまとめてみました。

↑↑今じゃバイクにスマートフォンをマウントするのは当たり前の時代ですよね?僕もいろいろとバイク用のスマートフォンホルダーを使ってきましたが、RAM-MOUNTSが手軽に一番しっかりとスマートフォンをマウントしてくれます。使ってとても良かったんで、取付け手順から操作感までレビューを記事にしました。気になる方は参考にしてください。

↑郵便配達のバイクの後ろ。銀行員のバイクの後ろに付いてる箱がありますよね?あれがバイク用のトップケースです。またの名をリアボックス。メットイン機能があるスクーターを除けば、ほとんど荷物を積めるところがないバイク。トップケースが有るのと無いのとでは、積載量が大違い。バイクのトップケースを装着したいと思ったんで、トップケースのメーカーや、トップケースを装着した時のメリットやデメリットとなんかについていろいろ調べてみました。

↑寒い冬のバイク乗りの味方であるカイロ(懐炉)ベンジンを燃料にした「ハクキンカイロ」について記事にしています。安い値段で高価な電熱ジャケット並の暖かさ!冬でもバイクの乗る人にオススメします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です