バイク乗りにおすすめのハクキンカイロ!

先日、キャンプツーリングに行った時、メチャ寒くって凍え死にそうだったんで、近くにホームセンターに行ってハクキンカイロを買ってきました。

ハクキンカイロとは

ハクキンカイロとは、カイロに入れたベンジンの気化ガスが火口のプラチナと接触して発熱する科学原理を利用したカイロ。最初にマッチやライターで火を用いるのは、プラチナの接触反応を開始させる温度を与えるためであって、直接ベンジンに火を用いて燃料を燃やしている訳では無いので非常に安全なカイロ。布団の中でも湯たんぽ代わりに使えたりします。

ハクキンカイロを使ってみよう

僕が買ったのは博多区吉塚にある「ロイヤルホームセンター」。カイロを買おうと思って訪れた訳ではなく、別の用事で訪れた時に偶然見つけたもの。

バイク乗りにおすすめのハクキンカイロ
バイク乗りにおすすめのハクキンカイロ

↑ハクキンの推奨ベンジンは販売されていなかったので、一緒にジッポーオイルを買ってきました。

バイク乗りにおすすめのハクキンカイロ
バイク乗りにおすすめのハクキンカイロ

↑箱を開けると、カイロ本体。本体を入れるフリース製の袋。軽量カップ。取扱説明書が入っています。

バイク乗りにおすすめのハクキンカイロ
バイク乗りにおすすめのハクキンカイロ

↑本体の上部カバーを外すと、火口が見目ます。その火口を引っ張って外し、ジッポーオイルをカップに注ぎます。

ハクキンカイロのスタンダードであれば、ベンジンをカップ一杯を本体に注入したら12時間。二杯注入したら24時間が動作時間の目安です。

バイク乗りにおすすめのハクキンカイロ
バイク乗りにおすすめのハクキンカイロ

↑カップに注いだあと、90度回転させるとカップに入れたベンジンが本体に飲み込まれていきます。

バイク乗りにおすすめのハクキンカイロ
バイク乗りにおすすめのハクキンカイロ

↑ベンジンを注ぎ、そのまま本体を反転させて、余分なベンジンを排出します。規定通りいれるとベンジンが落ちてくることはありません。その後、火口を取付けて、ライターで2秒から5秒程度あぶって着火させます。

バイク乗りにおすすめのハクキンカイロ
バイク乗りにおすすめのハクキンカイロ

↑日を付けて後に本体をカバーを取り付けると完成です。数分すると本体はかなりの熱量を発します。

バイク乗りにおすすめのハクキンカイロ
バイク乗りにおすすめのハクキンカイロ

↑フリース製の袋に本体を入れれば丁度よい発熱になります。

ハクキンカイロを使う上での注意事項

  • 指定のベンジンを使用すること。ガソリン、灯油、シンナー、しみ抜き用ベンジン、アルコールなどは使用しない。
  • 火気厳禁の場所では使わない。
  • 酸素量の多い場所では使わない。(酸素テント等…)
  • ベンジンを入れすぎない。(入れすぎると火口から炎が上がったり、立ち消えする)
  • 素肌に直接当てず低温やけどに注意すること。

バイク乗りにおすすめの理由

一般的な使い捨てカイロは鉄が空気中の酸素と反応して酸化鉄(水酸化第二鉄)になる化学反応を利用した起こるときに出る熱を有効利用したものでハクキンカイロとは別物です。使い捨てカイロは暖かくなったあと、じわーっと冷めてくる感じですが、ハクキンカイロは燃料切れになるまで暖かさが持続します。そして最大の違いは「熱量」。これが使い捨てカイロとはまったく別物。ハクキンカイロは布などを被せておかないと、手に持ったときに熱いと感じるほど本体が「チンチン」に暖かくなります。これを2個、胸と背中の首した辺に仕込んでおけば電熱線ジャケットは必要ありません。

ハクキンカイロの入手方法

ホームセンターか薬局を訪れて店員さんに聞いてみましょう。またはハクキンカイロのホームページからも通販で入手可能です。またAmazonで販売されています。プライム会員だと送料なのでオススメです。

↑本体のみです。コレだけでは使えないので燃料も併せて購入しましょう。

↑ハクキンカイロと本体と燃料が一緒になったセットも販売されています。

↑ハクキン指定のエビスベンヂン。

↑こちらもハクキン指定のNTベンジン

↑ジッポーオイルでも代用できます。こちらはコンビニでも入手できるので簡単です。

↑カイロベルトがあればとても便利!

ハクキンカイロのまとめ

バイクに乗っていると前面に風があたり寒さを感じますが、胸ポケットにハクキンカイロを当てて置くと、寒さの感じ方が全く違います。カイロベルトなんかを使って、胸の背中にハクキンカイロを当てておけば、電熱線ジャケット要らずと言ってる人もいるくらい。また秋、初冬のキャンプツーリングにも使えそうなアイテムです。それにメッキされた本体、火口を変えればずっと使えるってのも道具に拘るバイク乗りの心をくすぐります。もっと徹底的に使って記事にしてみたいと思います!

バイクにGIVIケースを取付けてみた!

先日、色々と悩んだトップケース選びでしたが、ゴールデンウィーク前に通販で購入してバイクにGIVIケースを取付けてみました!これで家族にお土産をたくさん買って帰る事ができるようになりました。トップケース(リアボックス)メチャクチャ便利ですね。かっこ悪いけど…。今回は取付け手順を紹介して行きたいと思います。

関連記事:バイクにトップケースを付けるために比べてみた話

GIVI E20N EASY-BOXを買ってみた!

PX150に似合うトップケースを探したのですが、現行のGIVIのトップケースはどれも近代的で、ネオクラッシックなPX150に似合うとは思えないラインナップです。でも、一つだけ似合いそうなトップケースがありました。それがGIVI E20Nです。

↑すでにGIVIのサイトからは製造中止で削除されているE20Nですが、どうやら東南アジア向けで販売されているようで、Amazonで並行輸入品として販売されているのを見つけたので通販で購入してみました。

GIVIケースの取付け方

GIVI トップケース
GIVI トップケース

↑まずは箱から出してPX150の純正キャリアの上に載せてフィッティングを確かめます。

GIVI トップケース
GIVI トップケース

↑トップケースをフィッティングした後、ボックスに付属している汎用取り付けベースを純正キャリアに取付けられるかのフィッティングを確かめてみます。しかし、ここで問題発生。純正キャリアの直径が太く、付属しているキャップボルトの寸法が足りませんでした。

GIVI トップケース
GIVI トップケース

↑そこで急遽、近所のホームセンターまで走って、M6×40のキャップボルトを4本入手。

GIVI トップケース
GIVI トップケース

↑PX150のリアキャリアは跳ね上げ式なので、インシュロックで跳ね上がらないように固定しました。ホームセンターで買ってきたキャップボルトで金具を取付け。しかし!金具を取り付けようと思ったら、ここでも問題発生。純正キャリアの直径が太いので、説明書通りの取付けでは上手く取り付けることが出来ません。ホームセンターで汎用ステーを買ってきてつけようかと思いましたが、トップボックスに付属している取付金具を逆付けして取付けてみました。

GIVI トップケース
GIVI トップケース

↑金具を逆に取付けたもののグラつきも無く安定しているので、化粧カバーを取付けてベースの装着出来ました。

GIVI トップケース
GIVI トップケース

↑ベースにトップケースを取付けて試走してみましたが、全く問題ありません。付属のキャップボルトの寸法が足らないやら、金具が説明書の通りに取付け出来ないやら問題は合ったものの、いい感じに取り付けることが出来ました。

GIVI トップケース
GIVI トップケース

↑ペットボトルを縦においても蓋を閉じることができる余裕の39L。スイカくらいならおみやげとして買って帰れそうです。

GIVI トップケース
GIVI トップケース

↑じゃーん!どーですか?カッコ悪いけどカッコイイでしょ?個人的にはPX150のクラッシック感を壊さずに、おしゃれな感じにまとまったんじゃ無いかと思います。

まとめ

GIVIケースはバイクにキャリアさえ付いていれば、だれでも簡単に取り付けることが可能です。取付けた後、仕事で使うパソコンやらタブレットやら入った仕事用のカバンと奥さんが作ってくれる弁当箱やら水筒を載せて毎日通勤に使っていますが、問題なく使用出来ています。バイクの後ろのケースを付けただけで、バイクがメチャクチャ便利な生活の道具になりました。トップケース(リアボックス)はバイカーオススメのアイテムです!

このような記事に興味がありませんか?

関連記事:バイク乗りにおすすめ!RAM MOUNTS

関連記事:バイクのヘルメットを買い換えるために比較してみた

関連記事:バイクにリチウムイオンバッテリーを載せる前にいろいろ調べてみた

関連記事:ツーリングにおすすめのバイク用レインウェアを調べたよ

関連記事:バイクでのキャンプツーリングにおすすめの道具をまとめてみた

関連記事:Bluetoothインカム、SENA SMH10D-10を買った話

関連記事:一番安く手軽にバイクで音楽を聞く方法

関連記事:スマートフォンをバイク用ナビとして使ってみた