コアサーバーのマイグレーションでWordPressのHTTP500error

このブログのサーバーはコアサーバーを使っています。で、久しぶりにブログにログインして、WordPressとプラグインの更新をクリックすると、固まった後に「500 Internal Server Error」…。ゑっ?なんで?という事で今回は解決した手順のメモ。

トラブル解決までにやったことのメモ

1.この手のエラーはプラグインが原因って事が多いので、ftpでサイトアクセスして「public_html/wp-content/plugins」の「public_html/wp-content/_plugins」でリネームしてプラグインを全停止

2.すると「500 Internal Server Error」は現れずブログ復活。

3.ftpで再度アクセスしての「public_html/wp-content/_plugins」を「public_html/wp-content/plugins」に戻し、有名どころのプラグインだけを有効化してみる。

4.プラグインの更新をクリック

5.またもや「500 Internal Server Error」URLを見てると、リダイレクトされているような表示で止まったまま。なんで?

6.1.~5.を数回繰り返し、問題の有るプラグインを切り分け探すものの力尽き、コアサーバーのサイトにアクセスしてサポートを参照。ここで初めて10月末頃にマイグレーションが行われた事実を知る…。ここで疑うべきはPHP5.3から7.1。そしてMYSQL5.1から5.7への変更と的を絞る。

7.MYSQLにログインするものの「HTTP500内部サーバーエラー」ログインできず。なんで?ユーザー名もログインパスワードも間違ってないのに…。心折れそうになる…。

8.再度コアサーバーのサポートを参照。マイグレーションに併せてデフォルトのPHPがFastCGI版PHP5.3から、FastCGI版PHP7.1になってる事を知る。

9.サーバーの管理画面からデータベース設定をphp71からphp70へ設定を変えてMYSQLにログインするものの「HTTP500内部サーバーエラー」。

10.こんどはPHP56に変えてログインするとログイン成功!MYSQLのバージョンを確認すると5.7になってる。

11.これで大丈夫だろうとWordPressにログインし、プラグインの更新をおこなうと「500 Internal Server Error」もうやだ、死にたい。

12.でも、こんな事では死ねないので、グーグル先生に解決策を探る。するとコアサーバーと同系列のXREAで同じようなトラブルに見舞われた人を発見!

関連記事:2017.05月のxrea増強メンテ:マイグレーション後にWPログイン不可

13.記事に従ってサーバーに戻って「/public_html/wp-admin/.htaccess」 を「/public_html/wp-admin/_.htaccess」 リネームして 無効化。

14.サイトに戻ってWordPressとプラグインのアップグレードを実施、そして成功!やったー!

15.久しぶりに苦労したので記事にする。←今ココ!

まとめ

この記事が上がっている言うことは、WordPressが正常に機能していると言うことです。やっぱり、気が向いた時に記事を書いてアップしてるだけじゃダメですね。動作環境にも注意を払っておかないと、とてつもなく苦労します。今回はいい勉強になりました。

Special Thanks!

「2017.05月のxrea増強メンテ:マイグレーション後にWPログイン不可」の記事が無ければ自己解決出来なかったと思います。管理人のぷぅさん。とても参考になる記事をありがとうございました。おかけで助かりました!

絶対損はしないAmazon Fire タブレット 8GBは爆安のおすすめタブレット 

Amazonから販売されているFire タブレット 8GBを買ってみました。いま、アマゾンプライム会員だと注文時にクーポンコード欄の中に「FIREPRIME」と入力するだけで8980円のタブレットが4,000円OFFの4980円で買えちゃったんです!そもそも7インチタブレットが1万円以下で買えるなんて「どうかしてるぜ!」としか思えないんですけど、Amazonは短期的なハードでの儲けではなく、コンテンツでの儲けを継続的に獲得していく考え方なんでしょうね。

なんでAmazone Fireタブレットだったのか?

ぼくが使っているタブレットはLenovoのYogaTablet。アマゾンプライム会員は毎月一冊無料と書いてあったんで、プライム会員の僕はYogaTabletにAmazoneのKindleアプリをインストールして試しに一冊買ってみたんですけど、課金されてしまったんです。

がーん!無料じゃないじゃん!

関連記事:Amazon Kindle for PCをYogaTablet with Windowsで使ってみた

よくよく調べてみるとKindleオーナー ライブラリー は「Kindle端末をお持ちのアマゾンプライム会員だったら対象の本が一冊無料で読める」とありますが、このKindle端末とはAmazoneブランドの端末でなければ、適応されなかったんです。つまり対象はFire、FireHD6、FireHD8、FireHD10、Kindle、Kindle Paperwhite、Kindle Voyageが対象であって、Kindleアプリは対象外だったというわけです。しかも、翌月に新たに一冊ダウンロードしたら、前月の一冊が消えてしまいます。要は毎月一冊だけレンタルできるシステムになっています。ちょっと残念。でも8GBしか内蔵ドライブがないので、それでも十分なんですけど…。(Kindle本はmicroUSBには保存できない仕様)

Amazonプライム会員のメリット

常日ごろAmazoneにお世話になっていて、身も心もアマゾンに魂を売っている僕。そして今なら4980円でKindleFireが買えるとなると、Kindle端末を買ってしまってAmazonのフルサービスを受けたくなってしまうのです。

参考URL:アマゾンプライム会員のメリット

  • プライム会員になるとお急ぎ便と日時指定配達が無料
  • プライム・ビデオで映画もTV番組など1000タイトル以上が見放題
  • AmazonMusicで1万曲以上の楽曲が聴き放題
  • Kindleオーナーラーブラリー(Kindle端末なら月1冊無料)
  • 30分早くタイムセールへの参加
  • Amazonパントリーで日用品が1点から購入可能
  • Amazon端末がPrime会員価格て買える

定額動画配信サービスのNetflixやHuluや定額音楽配信サービスのAppleMusic、GooglePlayMusicなどのサービスを年会費3980円(毎月約332円)でひとまとめにしたAmazonPrimeサービス。もう、ネット通販で楽天を使っている場合じゃありません。ネット通販でAmazonを利用したことのない人は下記に詳しい登録方法が書いてありますので参考にしてAmazonでアカウントを作成するのをおすすめします!

参考URL:アマゾンアカウントの作成方法

開封の儀とセットアップ

4980円でタブレットが手に入るのならKindle端末を買うことに決めました。で、買ったものはこの二つ。

AmazonFire用カバーも一緒に買ってみました。Kindle端末が爆安の4,980円なのでカバーの2,690円がすこし高く感じてしまいます。

愛知県の別邸にいつものAmazonダンボールでクロネコさんが届けてくれました。アマゾンプライム会員なら時間指定で届けてくれます。

Amazon Fireタブレット
Amazon Fireタブレット

Amazonダンボールを開けるとファイヤタブレッットと一緒買ったカバーが入っていました。

Amazon Fireタブレット
Amazon Fireタブレット

最初にWiFiの設定を行います。インターネットのSSIDとパスワードを入力するだけです。いろいろ電子ガジェットを買ってきたけど、こんなワクワクする開封の儀式は初代iPodとiPhon3Gを買った時くらいかな?

Amazon Fireタブレット
Amazon Fireタブレット

解像度1024×600、171ppiの7インチIPSディスプレイで画面サイズは必要十分な大きさです。313gで片手で持てる重さ。これならツーリングやキャンプ、旅行にでも持っていっても邪魔にならないサイズです。

出荷時にはAmazonアカウントが紐つけられていているので、Kindleアプリを立ち上げると、すでに買ってあった電子書籍がライブラリに登録されていつでも使える状態になっています。

Amazon Fireタブレット
Amazon Fireタブレット

キンドル本とアマゾンプライムビデオをみてみた

ヨガタブレットにインストールしたKindle For PCではできなかったピンチインとピンチアウトが出来ます。わお!文明開化!HDでなくても美しくよめます。キンドルファイヤはヨガタブレットよりはるかに軽いので使っててもあまり疲れを感じることはありません。AppleのiBooksでも電子書籍をよんだことがありますが、Amazonと比べると書籍数が貧弱で物足りません。短期的な損得を考えずにキンドル端末をばら撒いてシェア獲得を狙っているAmazon。これからはやっぱりAmazonで電子書籍の時代になるんじゃないでしょうか?

Amazon Fireタブレット
Amazon Fireタブレット

プライムビデオも綺麗に見れます。画質はHDではありませんし、モノラルスピーカーなので音に迫力がないのですが、十分視聴に耐えれる音でした。買った後に長野県まで出張した時にFireタブレットを持って行ったのですが、Amazonプライムビデオはビジネスホテルでの時間つぶしにもってこいのサービスでした。

Amazon Fireタブレット
Amazon Fireタブレット

アマゾンプライム会員ならおすすめのタブレット

これをアンドロイドタブレットやiPadのような普通のタブレットと思って買うと失敗と思うかもしれませんが、Amazonのエンターテイメントを堪能したいアマゾンプライム会員なら絶対買いだと思います。Kindle本は内蔵ドライブにしか保存できない残念な仕様があったり、WiFiが2.4GHz帯だけのシングルバンド対応(5.0GHz帯では感知しない)だけだったりと残念な仕様があるものの5,000円未満なら絶対買いですよ!いますぐAmazonGO

このような記事に興味がありませんか?

関連記事:Amazon Kindle for PCをYogaTablet with Windowsで使ってみた

関連記事:タブレットにおすすめ!Microsoft Designer Bluetooth MouseとUniversal Foldable Keyboard

関連記事:おすすめのタブレット!Lenovo YOGA Tablet 2 with WindowsとOCNモバイルONE

関連記事:KYOCERA(京セラ)TORQUE(トルク) SKT01をOCNモバイルONEで使う

関連記事:ソフトバンクの通信制限とOCNのモバイルONE

関連記事:ヘッドセットのJabra BOOSTを買ってみた

関連記事:OCNモバイルONEでNEC MR03LNを繋げてみた話