はげの湯温泉、豊礼の湯までツーリングに行ってきたよ

日曜日に親子で大分県のはげの湯温泉にある豊礼の湯まで日帰りツーリングに行ってきました。今回の旅のお供は僕のVespaPX150と息子のSR400の2台です。先ずは博多から筑前町のバイパスを経由して下道で日田へ向かいます。

雄大な景色が続くファームロード

大分の日田から小国に向かうならやっぱりファームロードは外せません。カーブも交通量も少く、信号も少なく、雄大な景色をみながら走れる道です。

亀石峠
亀石峠

↑亀石峠にある展望台で休憩してPXとSRの二台で記念撮影。ここは涌蓋山の雄大な景色が見れちゃうスポット。

ファームロードはバイク乗りが無茶苦茶ぶっ飛ばすもんだから、お巡りさんが常日頃ねずみ取りをしています。公道はサーキットじゃないんだから、のんびり走りましょうね。

バイク乗りにおすすめ。小国の喫茶カップル

ファームロードを小国方面に走って行くと387号線に突き当たり、左折した所にある「カップル」で昼食。

海自カレー
海自カレー

↑僕は海自カレー。店長さんが海上自衛隊勤務で作ってたカレーだそうです。

焼きカレー
焼きカレー

↑息子は焼きカレーをオーダー。キーマカレーとライスを炒め、目玉焼きがのってます。これ、めちゃ美味いです。

料理を頼むとバイク乗りだからとコーヒーをサービスしてくれました。このお店に年に数回訪れるけど、バイクに乗って立ち寄るといつもサービスしてくれる、バイク乗りにとってありがたいお店です。バイクに乗ってるファームロードを走るなら是非、立ち寄ってあげてくださいね!海自カレーも焼きカレーも、ジャージー牛乳を使ったソフトクリームもメチャ美味しいですよ!

カップルのカレーでお腹いっぱいになったら、目的のはげの湯温泉まで後少し…。

はげの湯温泉、豊礼の湯で地獄蒸し!

豊礼の湯
豊礼の湯

↑今回の目的地。岳の湯温泉にある温泉施設、「豊礼の湯」。ここは露天風呂から雄大な涌蓋山(わいたさん)を眺めることが出来る、絶景温泉。お湯はホワイトブルーのにごり湯で温度はちょっと高め。

豊礼の湯
豊礼の湯

↑そしてなんと、ここ豊礼の湯では地獄蒸しが出来るのが特徴なんですよね。僕らは温泉の入浴料を支払ったら、受付のお姉さんがバイク乗りならと生卵をサービスしてくれました!

地獄蒸し
地獄蒸し

↑入浴前に生卵をかごに入れ、蒸し器に仕込んで起きます。

地獄蒸し
地獄蒸し

↑入浴後は地獄蒸しで蒸し上がったプリプリのタマゴを頂きます!うまかぁー。

農産物直売所 三連水車のあさくら
農産物直売所 三連水車のあさくら

↑帰りは来た道をもどり、家族へのお土産を買うために、「農産物直売所 三連水車の里あさくら」に立ち寄ります。昨年は豪雨で多くの方々が家を失ったままの状態が続き、この一帯はいまだ通行止めの道路や、土砂が流れこんだままの農地、流されままの堤などまだまだ復興の道のりは遠いのが現実です。杷木の柿や黒川の梨など、とてつもなく美味しい農産物を僕らに提供してくれる地域。少しでも地域の農産物を等を買って、僅かばかりですが復興のお手伝いが出来ればいいな…。

今回はスタートが遅かったんで、帰り着いたのは日暮れギリギリ。そのままベットで死んだように寝てしまいました。でも、とても充実した一日でした!

まとめ

なんかバイク乗りだからっていろいろサービスしてもらって得した気分になるツーリングでした。喫茶カップルと豊礼の湯。バイク乗りならぜひ立ち寄ってみて下さいね。絶対損はしませんから!そして朝倉も頑張ってます。是非、躊躇うこと無く訪れてみて下さい!

今回の旅で訪れた場所へのアクセスはこちら

関連記事

↑ツーリングの楽しみの一つであるキャンプツーリグ。今回は僕の経験を元にしたバイクでのキャンプツーリングにおすすめの失敗しないキャンプ用品(道具・装備)をまとめてみました。バイクでのソロキャンプをメインで考えて、なるべくローコストで永く使えてコンパクトでパッキングしやすい事をメインに考えて選んでみました。

↑バイクに乗ってると、一度はキャンプツーリングに行ってみたって人も多いのではないでしょうか?今回はAmazonで買えて、ユーザーの評価も高い激安のキャンプツーリング道具をまとめてみました。最低限の装備なら2万円未満でキャンプツーリングに行けるんじゃないかな?キャンプツーリングに興味ある人は是非、読んでみてください。

↑ソロツーリング主体で「バイクに乗る時インカムまでは要らないけど、音楽は聞きたい!」って人におすすめな、市販品を組合せで合計3千円台でBluetooth対応のヘルメットが出来ちゃう方法を紹介します。

↑Bluetoothに対応したインカムを使えば、ツーリング仲間と会話も出来るだけでなく、スマートフォンの音楽を聞けたり、バイクの乗りながら電話もできちゃいます。高級なインカムから、中国製のインカムまでを網羅して記事にしました。気になる方は参考にしてください。

↑GPZ900Rのバッテリーがダメになって交換することになりました。ちょうどいいタイミングだったんで、バイク用品屋さんで見かけるようになった、リチウムイオンバッテリーに交換してみようかと思ったんでアレコレ調べて記事にしてみました。

↑バイクに乗って一番イヤなのは雨の日のツーリング。雨の日は走らないと決めている人でも、夕立ちで雨に降られる事があります。僕の経験を元にした失敗しないバイク用のレインウェアについて記事にしています。

↑耐久レースで転んでヘルメットに思いっきり傷を付けちゃったんで、買い換えることにしました。ちょうど良かったんでヘルメットの種類や安全規格、バイクのタイプ別のおすすめのヘルメットなんかを、大手メーカー別に初心者でも分かりやすいように詳しく調べて記事にまとめてみました。

↑↑今じゃバイクにスマートフォンをマウントするのは当たり前の時代ですよね?僕もいろいろとバイク用のスマートフォンホルダーを使ってきましたが、RAM-MOUNTSが手軽に一番しっかりとスマートフォンをマウントしてくれます。使ってとても良かったんで、取付け手順から操作感までレビューを記事にしました。気になる方は参考にしてください。

↑郵便配達のバイクの後ろ。銀行員のバイクの後ろに付いてる箱がありますよね?あれがバイク用のトップケースです。またの名をリアボックス。メットイン機能があるスクーターを除けば、ほとんど荷物を積めるところがないバイク。トップケースが有るのと無いのとでは、積載量が大違い。バイクのトップケースを装着したいと思ったんで、トップケースのメーカーや、トップケースを装着した時のメリットやデメリットとなんかについていろいろ調べてみました。

休暇村雲仙までキャンプツーリングに行ってきたよ

11月下旬。さすがに九州でも朝晩は寒いんだけど、ガスストーブといった暖房器具があればキャンプツーリング出来るんじゃ無い?ってことで、友達3人で長崎県の雲仙までキャンプツーリングに行ってきました。

僕の住んでる福岡から島原の入り口の諫早まで高速で行っちゃうと、高速代がバカになりません。そこで多久ICで下り小城市の抜けて国道207号線をひた走り、鹿島バイパスの祐徳稲荷神社の入り口を抜けたあたりから、多良岳オレンジ街道に入り、そのまま多良岳レインボーロードで多良見を目指します。

多良岳オレンジロードとレインボーロードはライダー向きの快走路!

多良岳レインボーロード
多良岳レインボーロード

↑多良岳オレンジ街道と多良岳レインボーロードは海を見ながら走れる快走路。でも、アップダウンが非力なVespaには辛い…。

多良岳レインボーロードから県道195号線に入り、小長井から再び国道207号線を走ります。諫早湾堤防道路を走って、島原半島へ渡り、本日のキャンプ地である休暇村雲仙を目指します。

キャンプ場に着いて、休暇村雲仙のフロントでキャンプ場の利用手続きを行います。フロントの担当者によると、僕ら以外にキャンプ場の利用者は誰もないそうです。大丈夫か?俺たち…。

冬キャンプの味方。ガスストーブ!

 

キャンパルジャパン(旧オガワ) ピルツ9DX
キャンパルジャパン(旧オガワ) ピルツ9DX

↑今回は僕のピルツ9DXを使って3人泊まります。

↑これが僕が使ってるテント。オガワのピルツ9-DX。3人~4人用で使えます。でも、シートを捲って使うなら3人用って感じ。

キャンパルジャパン(旧オガワ) ピルツ9DX
キャンパルジャパン(旧オガワ) ピルツ9DX

↑ディナーはガスストーブを火力としたもつ鍋。ピルツ9の良い所はグランドシートが捲れること。テントの中で調理も出来るオススメのテント。

↑今回、テントで使ったガスストーブはコチラ!Amazonでの評価はマチマチ…。でも、コンビニでも買える家庭用ガス缶が使えるし、個人的には個人的には割と使えるストーブだと思います。

休暇村雲仙諏訪の池キャンプ場
休暇村雲仙諏訪の池キャンプ場

↑今日のディナーはテントの中でも調理が出来るモツ鍋。

もつ鍋を食べ終わったら、ガスストーブを暖房に利用して簡単な宴会。寒さのせいでみんな口数が少なく、そのまま就寝。

休暇村雲仙諏訪の池キャンプ場
休暇村雲仙諏訪の池キャンプ場

↑ガスストーブを点けてても、二酸化炭素中毒が怖いので、テントの隙間を少しあけているせいか、やっぱり寒い…。

ボンベのガスが無くなり火力が下がれば、さらに気温が下がって目が冷めます。途中、ボンベを3本ほど交換して朝を迎えました。

休暇村雲仙諏訪の池キャンプ場
休暇村雲仙諏訪の池キャンプ場

↑朝ごはんはもつ鍋の残りを利用した雑炊。

朝はトーストとコーヒで軽い朝食。そのあとテントを畳んで撤収です。

千々石観光センター じゃがちゃん
千々石観光センター じゃがちゃん

↑帰りは千々岩観光センターに寄って名物の「じゃがちゃん」を食べ…。

雲仙市 千々石観光センター
雲仙市 千々石観光センター

↑明治の軍神。橘中佐像で記念撮影したりして休憩。

行きと同じく、諫早湾堤防道路を通るルートで福岡へ帰ります。途中、友達と別れ一人福岡へひた走ります。

マルシェdeかしま 肥前めっけもん市
マルシェdeかしま 肥前めっけもん市

↑行きがけ見かけて気になってた鹿島の「マルシェdeかしま」に寄って家族へのお土産をゲット!

かねひろの黒酢みかん
かねひろの黒酢みかん

↑お土産は「かねひろの黒酢みかん」甘くてとても美味しかった…

今回のキャンプツーリングのまとめ

ストーブをキャンプツーリングに持っていくには大きすぎます。だから今回は仲間と持っていく道具を分散させました。僕は皆で泊まれる4人用の大形テント。友達はストーブと食材。これだったら何とか寒くてもキャンプツーリングが出来ないことも無い…。でも、九州でも11月下旬となればやっぱり寒い。ピルツ9DXが大きく暖房効果が薄らいだのか、ガスストーブがあっても寒さが幾分和らぐ程度。でも、有ればなんとか踏ん張れる感じ…。微妙ですね。やっぱり九州でもキャンプツーリングが出来るのは10月までかなと思えるツーリングでした。

今回の旅で訪れた場所へのアクセスはこちら