SPA直入

カワサキのレジェンドライダー柳川明選手からライディングを伝授してもらう

今日は朝4時から博多の街を出て、SPA直入ライディングスクールに行ってきました。

SPA直入 | 2コーナー
2コーナー | SPA直入

実は5月にも初心者クラスで参加申し込みをしましたが、遅すぎて参加できませんでした。初心者クラスは人気のようです。しかし、今回は先月のサーキットランフェスタでRS250で56秒が出たので中上級クラスに申し込んでみました。速い人に引っ張ってもらってタイムを更新する作戦です。しかも今回の中上級クラスはカワサキのレジェンドライダーの柳川選手が担当。WSBKやJSB参戦したトップライダーにライディングを教えてもらえるかもしれません。もっとも希望インストラクターは先着順との事でしたので、早めに申し込んだら希望通り柳川選手が担当のインストラクターに受け持ちしていただけました。

今回は昨年から考えてたコースライセンスも併せて申し込みました。コースライセンス持っていれば、いつでも好きなときに走りにいく事ができます。

ZX-10R | AKIRA YANAGAWA
ZX-10R | AKIRA YANAGAWA

柳川インストラクターから受けた指導のまとめ。
「1コーナーから2コーナーにかけてスピードが乗っていないから、2コーナーのクリップの取り方が安定してない、1コーナーから2コーナーまで一つのコーナーとして考えて、2コーナーのクリップはアクセルをパーシャルにしてスピードを殺さず狙うと3コーナーに入りやすい」「左コーナーは右ほど膝がスレてないよ。必ず膝スリしないといけない訳じゃないけど、もう少し膝をスル感じで攻めて見た方が良い」「視線の方向にマシンは進むから、クリップを点として捉えず、線として捉えたら4geruさんが苦手と言う1コーナーから2コーナーは克服できると思うよ。もし突っ込みすぎたら、とにかく視線を次のクリップに無理矢理にでも向けるようにしたらコースアウトしにくいよ」「3コーナー以降は良く走れているから、今の感じで問題ない」がマンツーマン走行での指摘してもらった部分やった。あれ?今回の指摘は昨年参加した時、山口インストラクターから指摘され所と同じところが多い。僕、一年たっても進歩していないようです。

R1に乗ってた頃に出した自己ベスト55:734は更新したものの、念願の55秒切りはまたしても達成できず55:075…orz。しかし、最後のカリキュラムの模擬レースでタイムアタックしたらタイムにバラツキが無く、55秒台でコンスタントに走れるようになりました。これはブラインドコーナーを奥まで突っ込んで、クリップ無視してアウト側で旋回しても曲がれる事に気づいたのが原因な気がします。ラインの選択肢増えたもんやけん、走りに余裕が出てきて、ブランインドからヘアピンが怖くなくなりました。しかも、ここアウトから入ると次のヘアピンのインを抑える事ができるけん、良い抜きどころのようです。

ヘアピン | SPA直入
ヘアピン | SPA直入

こんなこと考えながら走れるってのはヘタレの僕には凄い進歩です。地味に上達しよる証拠でしょう。次は柳川インストラクターから指摘してもらった左コーナーのフォームとコーナーリング中の視線に意識してタイムアップに繋げたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です