はげの湯温泉、豊礼の湯までツーリングに行ってきたよ

日曜日に親子で大分県のはげの湯温泉にある豊礼の湯まで日帰りツーリングに行ってきました。今回の旅のお供は僕のVespaPX150と息子のSR400の2台です。先ずは博多から筑前町のバイパスを経由して下道で日田へ向かいます。

雄大な景色が続くファームロード

大分の日田から小国に向かうならやっぱりファームロードは外せません。カーブも交通量も少く、信号も少なく、雄大な景色をみながら走れる道です。

亀石峠
亀石峠

↑亀石峠にある展望台で休憩してPXとSRの二台で記念撮影。ここは涌蓋山の雄大な景色が見れちゃうスポット。

ファームロードはバイク乗りが無茶苦茶ぶっ飛ばすもんだから、お巡りさんが常日頃ねずみ取りをしています。公道はサーキットじゃないんだから、のんびり走りましょうね。

バイク乗りにおすすめ。小国の喫茶カップル

ファームロードを小国方面に走って行くと387号線に突き当たり、左折した所にある「カップル」で昼食。

海自カレー
海自カレー

↑僕は海自カレー。店長さんが海上自衛隊勤務で作ってたカレーだそうです。

焼きカレー
焼きカレー

↑息子は焼きカレーをオーダー。キーマカレーとライスを炒め、目玉焼きがのってます。これ、めちゃ美味いです。

料理を頼むとバイク乗りだからとコーヒーをサービスしてくれました。このお店に年に数回訪れるけど、バイクに乗って立ち寄るといつもサービスしてくれる、バイク乗りにとってありがたいお店です。バイクに乗ってるファームロードを走るなら是非、立ち寄ってあげてくださいね!海自カレーも焼きカレーも、ジャージー牛乳を使ったソフトクリームもメチャ美味しいですよ!

カップルのカレーでお腹いっぱいになったら、目的のはげの湯温泉まで後少し…。

はげの湯温泉、豊礼の湯で地獄蒸し!

豊礼の湯
豊礼の湯

↑今回の目的地。岳の湯温泉にある温泉施設、「豊礼の湯」。ここは露天風呂から雄大な涌蓋山(わいたさん)を眺めることが出来る、絶景温泉。お湯はホワイトブルーのにごり湯で温度はちょっと高め。

豊礼の湯
豊礼の湯

↑そしてなんと、ここ豊礼の湯では地獄蒸しが出来るのが特徴なんですよね。僕らは温泉の入浴料を支払ったら、受付のお姉さんがバイク乗りならと生卵をサービスしてくれました!

地獄蒸し
地獄蒸し

↑入浴前に生卵をかごに入れ、蒸し器に仕込んで起きます。

地獄蒸し
地獄蒸し

↑入浴後は地獄蒸しで蒸し上がったプリプリのタマゴを頂きます!うまかぁー。

農産物直売所 三連水車のあさくら
農産物直売所 三連水車のあさくら

↑帰りは来た道をもどり、家族へのお土産を買うために、「農産物直売所 三連水車の里あさくら」に立ち寄ります。昨年は豪雨で多くの方々が家を失ったままの状態が続き、この一帯はいまだ通行止めの道路や、土砂が流れこんだままの農地、流されままの堤などまだまだ復興の道のりは遠いのが現実です。杷木の柿や黒川の梨など、とてつもなく美味しい農産物を僕らに提供してくれる地域。少しでも地域の農産物を等を買って、僅かばかりですが復興のお手伝いが出来ればいいな…。

今回はスタートが遅かったんで、帰り着いたのは日暮れギリギリ。そのままベットで死んだように寝てしまいました。でも、とても充実した一日でした!

まとめ

なんかバイク乗りだからっていろいろサービスしてもらって得した気分になるツーリングでした。喫茶カップルと豊礼の湯。バイク乗りならぜひ立ち寄ってみて下さいね。絶対損はしませんから!そして朝倉も頑張ってます。是非、躊躇うこと無く訪れてみて下さい!

今回の旅で訪れた場所へのアクセスはこちら

Amazonで買える激安キャンプツーリング道具をまとめてみた

そろそろゴールデンウィーク。暖かくなって来たんでそろそろキャンプツーリングの季節。今回はAmazonで買えて、ユーザーの評価も高い激安のキャンプツーリング道具をまとめてみました。

テント

↑キッチン・リビング用品のブランド。鍋や調理小道具などの調理器具を作ってるパール金属工業のアウトドアブランドのキャプテンスタッグのクレセント ドームテントM-3105。ドーム型で3人用テント。でも、ユーザーのレビュー見てたら大人2人でギリギリのようです。

↑同じくキャプテンスタッグのツーリングテント リベロM-3119。前室もあり、自転車やバイクでの積載性を考えられてるテントだけど、同社のクレセントドームテントよりお値段高め。

シェラフ(寝袋)

↑おそらく中国製ブランドのシェラフ。ちょっとだけ価格が高いんだけど、かなり高評価のシェラフ。

↑こちらはキャプテンスタッグのシェラフ。中国製ブランドより激安なんだけど、仕舞寸法が大きそうなのでバイクに積載する時に困るかも?!

マット

↑キャプテンスタッグのキャンピングマット。キャンプツーリングでよく見る銀マット。定番ですね!

バーナー

↑キャプテンスタッグのOD缶が使える小型ガスバーナー。

↑EtparkのCD缶が使える小型バーナー。おそらく中国ブランド製。Amazonでのユーザー評価みてるとガス漏れの報告があるんだけど、激安のバーナー。アタリとハズレがあるので注意が必要のようです。

ランタン

↑中国ブランド製の充電式LEDランタン。5200mAhのバッテリーが内蔵されてるんで、スマートフォンの充電も出来るスグレ物。でも、充電が切れてしまったらどうしよう…。

↑こちらは単三電池3本で2個セットなのに激安。予備の電池さえもってれば使えるので安心かも…。

クッカー(コッヘル)

EPIのクッカー。インスタントラーメンがギリギリ入りそうなサイズ。ちょっと小さいけど激安!

まとめ

この記事書いてて、キャプテンスタッグのコストパフォーマンスに驚きました。キャプテンスタッグのクレセントドームテントと封筒型シュラフ フェレール。キャンプ用マット Sサイズ。Etparのバーナー。ABOSIのランタン。EPIのクッカーで揃えると、東横イン2泊分でキャンプツーリングの道具が一通り揃える事が出来ます。これってかなり安くないですか?まだキャンプツーリングの道具を揃えてない人は参考にしてみてください!