NV200をトランポにする為に少しカスタムした話

ゴールデンウィークはサーキットバカンスを過ごす予定なので、NV200をバイク用トランスポーターにするためにちょこっとカスタムしてみました。

オイルやガソリンで荷室を汚さないようにした

僕の場合はあくまでも仕事で使うクルマで、家族も乗ります。やりたい放題にカスタムは出来ません。すぐに現状復帰出来るようにするのが前提条件です。

トランポ言えば床貼り。オグショーさんから販売されている、NV200用のBASE床パネルも気になりますが、タイヤが1セット買える値段です。良いものですが、僕は買えません。

そこで、ホームセンターに行って3mm厚のゴムシート1,000mm×1,200mmを2枚(@3000円)で買ってきて、床に敷くことにしました。

ゴム貼り | NISSAN NV200
ゴム貼り | NISSAN NV200

 

ユーティリティフックの代わりにアイボルトを取り付けてみた

日産のNV200オプションカタログに記載されとるユーティリティフックの取り付け穴はM6だったので、M6のアイボルト(@248円)も併せて買ってきて装着。さらにシート下にもM8の穴が開いているので、ここにもM8(@299円)のアイボルトを装着しました。純正ユーティリテイフックのほうがお洒落なのですが、お値段が…。

M6アイボルト | NISSAN NV200
M6アイボルト | NISSAN NV200

このアイボルトを利用して、レーシングスーツを吊るしたり、タイダウンを引っ掛けたりする予定です。

NV200のリアシートを外した時の荷室の寸法

トランポとして一番大事な荷室ですが、リアシートを外すのは簡単です。車体にシートを取り付けている4本のM10のボルト外すだけで、リアシートが外れます。
リアシートを外した後に、NV200の荷室を巻き尺で有効寸法を計ってみると、センターコンソールからリアハッチの内側まで奥行き約2,060mm(運転席後からバックドア内側)×幅約1,200mm(タイヤハウス間)×高さ約1,200mm(バックドア開口部)位が使えそうなスペースです。

NV200 | 荷室寸法
NV200 | 荷室寸法

 

奥行きが厳しいので、タイヤストッパーはバイクを一度乗せてみてから、あらためて考えます。

このような記事に興味がありませんか?

関連記事:NV200にオートクルーズ付きスロットルコントーラーを取り付けた

関連記事:NV200をトランポ化した話

関連記事:NV200にGPZ900Rを乗せてみた話

関連記事:NV200の燃費とディーゼル仕様の話

関連記事:NV200にバイクを乗せてみた話

関連記事:NV200の良い点、悪い点をまとめてみた

関連記事:NV200をトランポにする為に少しカスタムした話

関連記事:NV200のフィルムを貼ってみた話

関連記事:NV200がやってきた!

NV200のフィルムを貼ってみた話

今日はNV200にフィルム施工をしてもらいました。

NV200 | NISSAN
NV200 | NISSAN

GXってNV200の中でプライスが一番高いのにプライバシーガラスじゃありません…。16Sはプライバシーガラスなのに…。
自分でフィルムを貼ってもキレイに張る自信がないので、福岡市博多区にあるプロショップ「アネスト」さんにお任せ。リア5面とフロントガラスにもフィルムを貼ってもらいました。しかし、透過率5%のフィルム貼ってもらったのですが、外から見るとパネル版みたいに真っ黒なのですが、車内からははっきり外が見えます。いい買い物をしました。

このような記事に興味がありませんか?

関連記事:NV200にオートクルーズ付きスロットルコントーラーを取り付けた

関連記事:NV200をトランポ化した話

関連記事:NV200にGPZ900Rを乗せてみた話

関連記事:NV200の燃費とディーゼル仕様の話

関連記事:NV200にバイクを乗せてみた話

関連記事:NV200の良い点、悪い点をまとめてみた

関連記事:NV200をトランポにする為に少しカスタムした話

関連記事:NV200のフィルムを貼ってみた話

関連記事:NV200がやってきた!