GPZ900R | YELLOW CORN

Yellow Corn略してイエコン。それは危険な戦士という意味である

僕のバイクにはYellow Cornと言う、オサレバイクウェアブランドのイカしたパルサーカバーが着いています。。オサレが苦手な僕には似合わないので取り外す事にします。で、先週発注していた部品を引き取りに行って、純正部品に付け替えました。カバー、ガスケット、カワサキマーク、ボルトやらで一万円。これに工具屋で買ったワコーズのスレッドコンパウンドとオイル4Lと廃オイルボックスで五千円。合わせて一万五千円程の出費で月末にはちょっとキツイ。で、付け替えてる時に周りをよく見てみるとオルタネーター上部辺りがオイルで汚れています。こんなところにオイルラインは無いはず、汚れをたどってみるとエアクリーナーから漏れてるようで、どうやらブローバイガスのオイルミストがホースの付け根から垂れているようです。結構出てるので、早々にキャッチタンクを装着して様子を見てみます。

GPZ900R | YELLOW CORN
GPZ900R | YELLOW CORN
GPZ900R | GENUINE PARTS
GPZ900R | GENUINE PARTS

やっぱここは純正の方がカッコいいよね。

「Yellow Corn略してイエコン。それは危険な戦士という意味である」への4件のフィードバック

  1. ここはノーマルの方がかっこ良かでしょ。最初のオーナーがモロコシで揃えてたみたいですね。調べてみるとサブフレームもモロコシブランドぽいです。しかし、Ninja楽しーっす。最近のバイクと違って「自分で弄っちゃろー」って気になりますね。

  2. そうそう絶対ノーマルの方がかっこよか
    ZRXのノーマルカバーを取付ようかといつも思ってました
    楽しい半面これからメンテが色々と出て来ると思います
    ボチボチと自分好みへ変身させて下さいな。。。

  3. >楽しい半面これからメンテが色々と出て来ると思います

    そーですよね。楽しみながらボチボチ初期化していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です