博多のソフルフード本家びっくり亭

福岡市博多区寿町の本家びっくり亭に行ってきた

博多のソウルフードといえば今は亡き「元祖長浜屋」。うどんの「牧のうどん」「かろのうどん」。天ぷらの「ひらお」。お好み焼きの「ふきや」。博多人なら誰でも一度は訪れたことがあるお店がいろいろありますが、その中で、僕が今まで訪れたことが無かった「本家びっくり亭」に ツーリングの帰りに初めて寄ってみました。

本家びっくり亭

僕自身は東区の出身なので、南福岡駅周辺ってあまり訪れる理由がなかったエリアなんで、今までで「本家びっくり亭」で飯を食べたこと無かったんですよね。

博多のソフルフード本家びっくり亭
博多のソフルフード本家びっくり亭

↑南福岡駅を出て、右の側道を北に進んでいくとすぐにお店が見えてきます。見た感じは普通の食堂って感じです。お店のとなりにコインパーキングがあるのでクルマはそちらに駐車しましょう。

博多のソフルフード本家びっくり亭
博多のソフルフード本家びっくり亭

↑日曜日の夜でしたが、店内はほぼ満席。人気の高さが伺えます。メニューはシンプル。焼肉かラーメンか…。小上がりに座ると店員さんが間髪入れずにオーダーを取りに来ます。僕は焼肉1.5人前とご飯(小)をオーダー。

博多のソフルフード本家びっくり亭
博多のソフルフード本家びっくり亭

↑「どかーんっ!」と大盛りのご飯と熱々の鉄板焼肉が運ばれてきました。これにテーブルにある「ビックリ棒」を鉄板の右側に置き、片側によった焼肉の油とこれまたテーブルにある辛味噌を落とし絡めて頂きます。キャベツは多めの焼肉で肉は豚肉。強烈なにんにくと辛味噌で、シンプルながら奥深い男飯。ほんと癖になりそうな味でした。

まとめ

美味い焼肉ってのはありますが、特徴的な焼肉ってあまり無いですよね。この本家びっくり亭の焼肉は正に特徴的な焼肉。癖になりそうな独特のにんにく臭さと激辛の辛味噌は他のどの店とも違います。これが昭和38年から営業を続けていける秘訣なんでしょうね。南福岡や雑餉隈あたりを訪れる機会があれば絶対外せないお店ですね!

今回、訪れたお店のアクセスはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です