北京飯

愛知県安城市のソウルフード。北京飯を食べてきた

愛知県安城市にある北京本店で北京飯を食べてきました。三河にある我が社のスタッフから是非行ってみて下さい!と薦められたお店です。

北京本店
北京本店

↑お店は三河安城駅の新幹線側にあります。1Fが駐車場。2Fが店舗です。平日のお昼休みに行ったんですが、駐車場は僕らが停めたら一杯になってしまいました。かなり人気のようですね。

10分ぐらい待った位で座席に通されました。かなり回転率が高そう…。

北京本店
北京本店

↑ランチメニューはこんな感じ。~1,000円くらいが目安になります。

北京本店
北京本店

↑僕がオーダーしたのは北京飯+安農ギョーザ。

北京飯
北京飯

↑これが安城名物「北京飯」。てっきり、唐揚げだから鶏肉かと思ってましたが、これ豚肉じゃない?簡単に言うとトロトロの玉子丼に豚肉の唐揚げを載せた、なんともハイカロリーなどんぶりめし。ブタの唐揚げも溶き卵につけてるのかな?ちょい甘なタレがトロトロの玉子丼と具材に絶妙に絡まって激ウマ!

安農ギョーザ
安農ギョーザ

↑安農餃子ってこのお店に近くにある安城農業高校の生徒が育た豚肉を使用した餃子!

まとめ

安城市に住んでるなら、誰でも知ってるお店だそうです。安城市のソウルフードなんでしょうね。「唐揚げ+玉子どん」の夢のコラボレーション。これ嫌いな人がいないんじゃない?新幹線で三河安城を訪れたら、ぜひ一度訪れて見て下さい。めちゃくちゃ美味しいですよ!機会があれば自宅でも作ってみたい激ウマのどんぶり飯でした!

今回の旅で訪れた場所はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です