LittleCub|HONDA

リトルカブ(キャブ車)ボアアップ計画の為にボアアップキットを比較してみた

今回は買って失敗しない為の、リトルカブ(キャブ車)のボアアップキットを比較してみようと思います。息子が福岡にいた時に乗ってたリトルカブ。東京で働くようになってからは、僕がお買い物マシンとして乗るようになりました。しかし、驚くほど走らないリトルカブ。急な坂道が続くようだと速度が20km/hくらいしかスピードがでません。あまりに遅さに国道や県道だと乗用車やトラックに煽られて恐ろしい思いをします。そこでリトルカブ(キャブ車)をボアアップすることにしました。

僕が乗っているカブについて

メーカー:HONDA(ホンダ)
車名:LittleCub(リトルカブ)
   (リトルカブ・スペシャル塗色:バイスブルー )
排気量:50cc
機種名:CL50L2
フレームナンバー:AA01-3500001~3599999
(僕のリトルカブはAA01-3500□□□)
プラグ:CR6HSA(1本)

僕の乗っているリトルカブのスペックです。年式については特的出来ませんでした。そして今回の目標は公道で乗りやすくする事が一番の目標なので、最高速を狙うというより、トルクを上げて乗りやすくするのを一番の目標なので、この用途にあったアアップキットをKITACOとスペシャルパーツ武川から探してようと思います。

KITACO(キタコ)

株式会社キタコは大阪府東大阪市に本社を置くオートバイパーツの企画・開発、製造・卸販売を行っています。カユイところに手が届くような豊富なラインナップを揃えているメーカーです。

キタコから販売されている、リトルカブに取付できそうなボアアップキットを調べてみました。

Webでよく紹介されているキタコの75ccボアアップキット。スチール製のシリンダーブロックにして、非常にコストパフォーマンスが高いボアアップキットになっています。車両に合わせたシルバーとブラックの2タイプを設定しています。また、75ccなのでオイルポンプやクラッチを変更せずに、ファイナル変更とキャブのジェッティングで上手くいきそうな感じです。

KITACO 75ccボアアップキット

□75ccブラックシリンダータイプ

□75ccシルバーシリンダータイプ

KITACO 88ccボアアップキット

□88ccカムなしボアアップキット

□88ccカム付きボアアップキット

KITACO(キタコ)のボアアップキットまとめ

75ccと88ccのカム付きと、カムなしがラインナップ。コストパフォーマンスに優れているので、コスト面が気になる方の多くがこのキタコのボアアップキットをおすすめしています。ただし、付属説明書が解りにくく、ヨコ型エンジンのバイブル。キタコの「虎の巻」を買ったほうが初心者には良さそうです。

 

Special Parts TAKEGAWA (スペシャルパーツ武川)

SP武川は大阪府にあるエイプ、モンキー、ゴリラなどのMINIバイクのパーツを中心に製造販売し、国内でも多くのユーザーから支持されているパーツメーカーです。SP武川から販売されている、リトルカブに取付できそうなボアアップキットを調べてみました。

スペシャルパーツ武川 eステージボアアップキット

81cceステージキット。50H(ボア系50ミリメートル)シリンダーがセットになっているeステージキットは、ノーマルヘッドを利用するボアアップキット。スチール製シリンダーからアルミ製鉄スリーブシリンダーに変更され、Webでも評価の高いボアアップキットです。

□81cc eステージボアアップキット

スペシャルパーツ武川 eステージボアアップキット推奨交換バーツ

ボアアップした場合に下記のパーツが推奨交換パーツに指定されています。強化クラッチでクラッチの滑りの改善。大径キャブレターで最適な混合気。オイルポンプで円滑性能の向上。アッセンブリーで買うとお金がかかりそうですね。

□強化クラッチキット

□PB16キャブレターキット 03-05-0116

□スーパーオイルポンプキット

スペシャルパーツ武川 Sステージボアアップキット

Sステージボアアップキットはノーマルシリンダとクランクが使用できるボアアップキット。88ccには圧縮が高いハイオク仕様のノーマルタイプと圧縮を下げたレギュラーガソリン仕様、さらにノーマルシリンダと同様の形状のHシリンダー、冷却効果を高めたVシリンダー、VシリンダーにセラミックメッキをしたVASシリンダーを用意しています。

88cc 高圧縮ハイオク仕様のスタンダードタイプのボアアップキット

□88cc Hシリンダー

□88cc Vシリンダー

□88cc VASシリンダー

88cc 圧縮を抑えたレギュラーガソリン仕様のエコタイプのボアアップキット

□88cc Hシリンダー

□88cc Vシリンダー

□88cc VASシリンダー

106cc スカットシリンダーでオイル円滑性能を高めたボアアップキット

Sステージ106ccのボアアップキットはオールアルミ製セラミックメッキシリンダー。シリンダーにオイルジェット機能を持ち、円滑、冷却性能を併せ持ったシリンダーになっています。

□106cc スカットシリンダー デコンプあり

スペシャルパーツ武川 Sステージボアアップキット推奨交換バーツ

ボアアップした場合に下記のパーツが推奨交換パーツに指定されています。強化クラッチでクラッチの滑りの改善。大径キャブレターで最適な混合気。オイルポンプで円滑性能の向上。アッセンブリーで買うとお金がかかりそうですね。

□強化クラッチキット

□PB16キャブレターキット 03-05-0116

□スーパーオイルポンプキット

スペシャルパーツ武川 RステージEMボアアップキット

スペシャルパーツ武川のRステージEMボアアップキットはスタンダードヘッドの形状に大径口径バルブを搭載した武川オリジナルのRステージEMシリンダーヘッドとオイルラインを設け、カムシャフトジャーナルの両端にベアリング支持としたスポーツカムシャフトが付属しています。
また、88ccにはオリジナル形状のアルミ製Hシリンダーを採用して、106ccにはセラミックメッキを採用したスカットシリンダーを採用しています。

□88cc Hステージシリンダー+EMシリンダーヘッド

□106cc スカットシリンダー+EMシリンダーヘッド

スペシャルパーツ武川 RステージEMボアアップキット推奨交換バーツ

□KEIHIN PD22 キャブレターキット03-05-0110

□スーパーオイルポンプキット

スペシャルパーツ武川 Rステージ+Dボアアップキット

RステージEMボアアップキットにオートデコンプレッション中空カムシャフトを採用したボアアップキット。ノーマルシリンダと同様の形状のHシリンダー、冷却効果を高めたVシリンダー、VシリンダーにセラミックメッキをしたVASシリンダーを用意しています。

□88cc Hシリンダー+EMシリンダーヘッド+オートデコンプ中空カムシャフト

□88cc Vシリンダー+EMシリンダーヘッド+オートデコンプ中空カムシャフト

□106cc スカットシリンダー+EMシリンダーヘッド+オートデコンプ中空カムシャフト

Special Parts TAKEGAWA (スペシャルパーツ武川)ボアアップキットまとめ

バリエーションが豊富でシリーズがシステマチックにラインアップされているSP武川のボアアップキット。キタコと比べるとちょっとお値段が高いのですが、作りも良くて取付説明書も丁寧に書いてあるのが特徴です。Amazonのレビューを見ていると、中華製のキットを買って失敗して中華品質に懲りた方がSP武川をおすすめしているようです。

ボアアップキットのまとめ

今回はKITACOSP武川のボアアップキットを調べてみました。そもそもアンダーパワーのリトルカブ、パワーアップすればするほど、キャブレターの変更、強化クラッチへの変更、オイルクーラーの取付などが必須となるようです。そして僕のようなヨコ型エンジンビキナーにはKITACOの「75ccボアアップキットカム無し」か、SP武川の「81cceステージボアアップキット」あたりなら、ノーマルキャブのセッティングの見直しとフロントスプロケットの丁数変更だけでなんとかなりそうです。

そして、僕が選んだボアアップキットはこれだっ!!

この記事には続きがあります

↑いろいろ調べた結果、僕はSP武川のボアアップキットを購入してとりつけました。その時の取付け方の手順について詳しく記事にまとめてみました。ボアアップを検討している方は参考にしてみてください。

↑ボアアップを行なった後、フロントスプロケットを交換していない場合はローギアすぎて各部の磨耗が激しくなりエンジンの寿命を悪影響を与え、最悪の場合はエンジンを壊してしまう恐れがあります。フロントスプロケットを交換方法についても詳しい手順を記事にしました。ボアアップを検討されてるのであれば参考にしてください。

関連記事

↑ツーリングの楽しみの一つであるキャンプツーリグ。今回は僕の経験を元にしたバイクでのキャンプツーリングにおすすめの失敗しないキャンプ用品(道具・装備)をまとめてみました。バイクでのソロキャンプをメインで考えて、なるべくローコストで永く使えてコンパクトでパッキングしやすい事をメインに考えて選んでみました。

↑バイクに乗ってると、一度はキャンプツーリングに行ってみたって人も多いのではないでしょうか?今回はAmazonで買えて、ユーザーの評価も高い激安のキャンプツーリング道具をまとめてみました。最低限の装備なら2万円未満でキャンプツーリングに行けるんじゃないかな?キャンプツーリングに興味ある人は是非、読んでみてください。

↑ソロツーリング主体で「バイクに乗る時インカムまでは要らないけど、音楽は聞きたい!」って人におすすめな、市販品を組合せで合計3千円台でBluetooth対応のヘルメットが出来ちゃう方法を紹介します。

↑Bluetoothに対応したインカムを使えば、ツーリング仲間と会話も出来るだけでなく、スマートフォンの音楽を聞けたり、バイクの乗りながら電話もできちゃいます。高級なインカムから、中国製のインカムまでを網羅して記事にしました。気になる方は参考にしてください。

↑GPZ900Rのバッテリーがダメになって交換することになりました。ちょうどいいタイミングだったんで、バイク用品屋さんで見かけるようになった、リチウムイオンバッテリーに交換してみようかと思ったんでアレコレ調べて記事にしてみました。

↑バイクに乗って一番イヤなのは雨の日のツーリング。雨の日は走らないと決めている人でも、夕立ちで雨に降られる事があります。僕の経験を元にした失敗しないバイク用のレインウェアについて記事にしています。

↑耐久レースで転んでヘルメットに思いっきり傷を付けちゃったんで、買い換えることにしました。ちょうど良かったんでヘルメットの種類や安全規格、バイクのタイプ別のおすすめのヘルメットなんかを、大手メーカー別に初心者でも分かりやすいように詳しく調べて記事にまとめてみました。

↑↑今じゃバイクにスマートフォンをマウントするのは当たり前の時代ですよね?僕もいろいろとバイク用のスマートフォンホルダーを使ってきましたが、RAM-MOUNTSが手軽に一番しっかりとスマートフォンをマウントしてくれます。使ってとても良かったんで、取付け手順から操作感までレビューを記事にしました。気になる方は参考にしてください。

↑郵便配達のバイクの後ろ。銀行員のバイクの後ろに付いてる箱がありますよね?あれがバイク用のトップケースです。またの名をリアボックス。メットイン機能があるスクーターを除けば、ほとんど荷物を積めるところがないバイク。トップケースが有るのと無いのとでは、積載量が大違い。バイクのトップケースを装着したいと思ったんで、トップケースのメーカーや、トップケースを装着した時のメリットやデメリットとなんかについていろいろ調べてみました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です