鈴鹿サーキット | 三重県鈴鹿市

バイクのサーキット走行会に必要な道具を15個に厳選してみた

バイクのサーキット走行会に必要な道具を15個厳選してみました。走行会に参加のときの持ち物のチェックリストに利用して下さい。

トランスポーター

サーキットまで自走して往復するのは大変です。トランポを持っていなければ、レンタカー会社から借りましょう。軽トラックでも自走よりはるかにマシです。レンタカーは楽天トラベルやじゃらん等から予約するとポイントが付いてお得なので、レンタカーを利用しましょう。

楽天トラベル
楽天トラベル

▶︎楽天トラベルについて見てみる
icon

じゃらん
じゃらん

▶︎じゃらんについて見てみる
icon

アルミラダーレース

ラダーレールが無ければバイクをトランポに積む事が出来ません。車高が低いバイクの場合は底を擦って載せれない事がありますから湾曲タイプの折りたたみラダーレールを購入しましょう。

▶︎アルミラダーレールについて見てみる

タイダウンベルト

バイクをトランポに載せたら固定しなければなりません。固定にはタイダウンベルトが便利です。最低2ヶ所、4ヶ所以上固定出来るようにしておけば安心です。

▶︎タイダウンベルトについて見てみる

工具セット

保安部品の取り外しでも使うので、やはり工具セットは必需品です。今は安くて質のいい工具セットが販売されていますので揃えておきましょう。

▶︎工具セットについて見てみる

エアゲージ

タイヤの空気圧の管理は重要です。必ず工具箱に入れておきましょう。

▶︎エアゲージについて見てみる

ハーネステープ

ビニールテープとも言いますね。バイクの保安部品をテーピングする必要がありますので必需品です。忘れずにもって行きましょう。

▶︎ハーネステープについて見てみる

レーシングスーツ

これが無ければサーキットを走る事ができません。レーシングスーツと言えば高いイメージがありますが、いまは安いMFJ公認のレーシングスーツも販売されています。

▶︎MFJ公認レーシングスーツについて見てみる

ヘルメット

レーシングスーツと同じ必需品です。同じくMFJ公認ヘルメットを選びましょう。

▶︎MFJ公認ヘルメットについて見てみる

レーシンググローブ

手首が隠れるレーシンググローブを選びましょう。プロテクターが充実しているのをおススメします。

▶︎バイク用レーシンググローブについて見てみる

レーシングブーツ

レーシング用のブーツを買いましょう。トゥースライダー等の消耗パーツが交換できるタイプがオススメです。

▶︎バイク用レーシングブーツについて見てみる

バックプロテクター

MFJのレースでは必須になっている脊髄を守るバックプロテクター。これも揃えておきましょう。

▶︎バックプロテクターについて見てみる

チェストプロテクター

こちらもMFJのレースでは必須になっている胸部を守るチェストプロテクター。
万が一のことを考え、揃えるようにしましょう。

▶︎チェストプロテクターについて見てみる

ヘルメットリムーバー

負傷したライダーのヘルメットを救護者が脱帽する際に、ライダーに加わる負担を減らす為のヘルメットリムーバー。これもMFJのレースでは必需品です。安全の為にも揃える様にしておきましょう。

▶︎ヘルメットリムーバーについて見てみる

クーラーボックス

レストランや自動販売機があるサーキットもあります。ただし、お値段が若干割高です。しかし、近所のスーパーで飲食物を買って持って行った方が遥かに安いのでクーラーボックスに入れて持って行きましょう。大きいものであればテーブル代わりにも使えるので便利ですよ!

▶︎クーラーボックスについて見てみる

アウトドア用チェア

パドックにはイスがありませんので、アウトドア用のイスをもっていきましょう。

▶︎アウトドア用チェアについて見てみる

 

まとめ

これらは僕がサーキットに行く時に最低限忘れない様にしようと思っているアイテムです。よく高い物を買い揃えようとする人がいますが、あまり賢い方法とは思えません。走行会なんて年に数回しかありませんから、先ずは安い物から買い揃えていくのをおすすめします。

関連記事

↑ツーリングの楽しみの一つであるキャンプツーリグ。今回は僕の経験を元にしたバイクでのキャンプツーリングにおすすめの失敗しないキャンプ用品(道具・装備)をまとめてみました。バイクでのソロキャンプをメインで考えて、なるべくローコストで永く使えてコンパクトでパッキングしやすい事をメインに考えて選んでみました。

↑バイクに乗ってると、一度はキャンプツーリングに行ってみたって人も多いのではないでしょうか?今回はAmazonで買えて、ユーザーの評価も高い激安のキャンプツーリング道具をまとめてみました。最低限の装備なら2万円未満でキャンプツーリングに行けるんじゃないかな?キャンプツーリングに興味ある人は是非、読んでみてください。

↑ソロツーリング主体で「バイクに乗る時インカムまでは要らないけど、音楽は聞きたい!」って人におすすめな、市販品を組合せで合計3千円台でBluetooth対応のヘルメットが出来ちゃう方法を紹介します。

↑Bluetoothに対応したインカムを使えば、ツーリング仲間と会話も出来るだけでなく、スマートフォンの音楽を聞けたり、バイクの乗りながら電話もできちゃいます。高級なインカムから、中国製のインカムまでを網羅して記事にしました。気になる方は参考にしてください。

↑GPZ900Rのバッテリーがダメになって交換することになりました。ちょうどいいタイミングだったんで、バイク用品屋さんで見かけるようになった、リチウムイオンバッテリーに交換してみようかと思ったんでアレコレ調べて記事にしてみました。

↑バイクに乗って一番イヤなのは雨の日のツーリング。雨の日は走らないと決めている人でも、夕立ちで雨に降られる事があります。僕の経験を元にした失敗しないバイク用のレインウェアについて記事にしています。

↑耐久レースで転んでヘルメットに思いっきり傷を付けちゃったんで、買い換えることにしました。ちょうど良かったんでヘルメットの種類や安全規格、バイクのタイプ別のおすすめのヘルメットなんかを、大手メーカー別に初心者でも分かりやすいように詳しく調べて記事にまとめてみました。

↑↑今じゃバイクにスマートフォンをマウントするのは当たり前の時代ですよね?僕もいろいろとバイク用のスマートフォンホルダーを使ってきましたが、RAM-MOUNTSが手軽に一番しっかりとスマートフォンをマウントしてくれます。使ってとても良かったんで、取付け手順から操作感までレビューを記事にしました。気になる方は参考にしてください。

↑郵便配達のバイクの後ろ。銀行員のバイクの後ろに付いてる箱がありますよね?あれがバイク用のトップケースです。またの名をリアボックス。メットイン機能があるスクーターを除けば、ほとんど荷物を積めるところがないバイク。トップケースが有るのと無いのとでは、積載量が大違い。バイクのトップケースを装着したいと思ったんで、トップケースのメーカーや、トップケースを装着した時のメリットやデメリットとなんかについていろいろ調べてみました。

↑寒い冬のバイク乗りの味方であるカイロ(懐炉)ベンジンを燃料にした「ハクキンカイロ」について記事にしています。安い値段で高価な電熱ジャケット並の暖かさ!冬でもバイクの乗る人にオススメします!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です