GIVI トップケース

バイクにGIVIケースを取付けてみた!

先日、色々と悩んだトップケース選びでしたが、ゴールデンウィーク前に通販で購入してバイクにGIVIケースを取付けてみました!これで家族にお土産をたくさん買って帰る事ができるようになりました。トップケース(リアボックス)メチャクチャ便利ですね。かっこ悪いけど…。今回は取付け手順を紹介して行きたいと思います。

関連記事:バイクにトップケースを付けるために比べてみた話

GIVI E20N EASY-BOXを買ってみた!

PX150に似合うトップケースを探したのですが、現行のGIVIのトップケースはどれも近代的で、ネオクラッシックなPX150に似合うとは思えないラインナップです。でも、一つだけ似合いそうなトップケースがありました。それがGIVI E20Nです。

↑すでにGIVIのサイトからは製造中止で削除されているE20Nですが、どうやら東南アジア向けで販売されているようで、Amazonで並行輸入品として販売されているのを見つけたので通販で購入してみました。

GIVIケースの取付け方

GIVI トップケース
GIVI トップケース

↑まずは箱から出してPX150の純正キャリアの上に載せてフィッティングを確かめます。

GIVI トップケース
GIVI トップケース

↑トップケースをフィッティングした後、ボックスに付属している汎用取り付けベースを純正キャリアに取付けられるかのフィッティングを確かめてみます。しかし、ここで問題発生。純正キャリアの直径が太く、付属しているキャップボルトの寸法が足りませんでした。

GIVI トップケース
GIVI トップケース

↑そこで急遽、近所のホームセンターまで走って、M6×40のキャップボルトを4本入手。

GIVI トップケース
GIVI トップケース

↑PX150のリアキャリアは跳ね上げ式なので、インシュロックで跳ね上がらないように固定しました。ホームセンターで買ってきたキャップボルトで金具を取付け。しかし!金具を取り付けようと思ったら、ここでも問題発生。純正キャリアの直径が太いので、説明書通りの取付けでは上手く取り付けることが出来ません。ホームセンターで汎用ステーを買ってきてつけようかと思いましたが、トップボックスに付属している取付金具を逆付けして取付けてみました。

GIVI トップケース
GIVI トップケース

↑金具を逆に取付けたもののグラつきも無く安定しているので、化粧カバーを取付けてベースの装着出来ました。

GIVI トップケース
GIVI トップケース

↑ベースにトップケースを取付けて試走してみましたが、全く問題ありません。付属のキャップボルトの寸法が足らないやら、金具が説明書の通りに取付け出来ないやら問題は合ったものの、いい感じに取り付けることが出来ました。

GIVI トップケース
GIVI トップケース

↑ペットボトルを縦においても蓋を閉じることができる余裕の39L。スイカくらいならおみやげとして買って帰れそうです。

GIVI トップケース
GIVI トップケース

↑じゃーん!どーですか?カッコ悪いけどカッコイイでしょ?個人的にはPX150のクラッシック感を壊さずに、おしゃれな感じにまとまったんじゃ無いかと思います。

まとめ

GIVIケースはバイクにキャリアさえ付いていれば、だれでも簡単に取り付けることが可能です。取付けた後、仕事で使うパソコンやらタブレットやら入った仕事用のカバンと奥さんが作ってくれる弁当箱やら水筒を載せて毎日通勤に使っていますが、問題なく使用出来ています。バイクの後ろのケースを付けただけで、バイクがメチャクチャ便利な生活の道具になりました。トップケース(リアボックス)はバイカーオススメのアイテムです!

このような記事に興味がありませんか?

関連記事:バイク乗りにおすすめ!RAM MOUNTS

関連記事:バイクのヘルメットを買い換えるために比較してみた

関連記事:バイクにリチウムイオンバッテリーを載せる前にいろいろ調べてみた

関連記事:ツーリングにおすすめのバイク用レインウェアを調べたよ

関連記事:バイクでのキャンプツーリングにおすすめの道具をまとめてみた

関連記事:Bluetoothインカム、SENA SMH10D-10を買った話

関連記事:一番安く手軽にバイクで音楽を聞く方法

関連記事:スマートフォンをバイク用ナビとして使ってみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です