キャナルシティ博多

キャナルシティ博多でバイク駐輪場を探しみた

愛用しているG-SHOCKのバンドが壊れたので、修理を出すためにキャナルシティ博多に行ってきました。最初はクルマで行こうと思ったんだけど、駐車場代が高いのがネック。事前にウェブでバイクが止めれる駐輪場があるか調べてみると、大型二輪車まで止めれる駐輪場があったので、試しに駐輪場を利用してきました。結構いい場所だったんで皆さんに紹介してみようと思います。

キャナルシティ博多とは

キャナルシティ博多は福岡地所がアメリカのホテル ベラジオやモール・オブ・アメリカ、なんばパークスやら六本木ヒルズやらをデザインした米国の建築家ジョン・ジャーディーに依頼しデザインさせ大成功させた商業施設。20年以上経過しているのですが、古さを感じさせない巨大なショッピングモール。今では中国、韓国、台湾からのお客様で一杯になっている博多の超人気スポットになっています。

キャナルシティ博多
キャナルシティ博多

キャナルシティでバイク(自動二輪)を止めるならイーストビルだけ!

キャナルシティ博多にバイクに乗って行くときは、新しく建てられたイーストビル(第2キャナル)を目指しましょう。バイク(自動二輪)を駐輪できるのはイーストビルの第三駐車場と第四駐車場だけです。料金は100円/1時間(最大500円/24時間)です。クルマは土日祝日だと(終日) 200円/30分なのでバイクで行くのが断然お得です!

キャナルシティ博多は言わば博多の街のど真ん中、ここにバイクを停めて、北へ向かえば中洲、櫛田神社、博多町家ふるさと館、博多座、アジア美術館。東へちょっと歩けば聖福寺や承天寺になんかへも行くことが可能です。さらに春吉橋を西に進めば、九州一のショッピングエリアである天神へも行くことも可能です。他県からツーリングで訪れたライダーが福岡の町並みを散策したいときなんかにも利用しやすいと思います。

キャナルシティ博多イーストビル第3駐輪場

キャナルシティにバイクを止めるには博多駅前通りからアクセスできる第3駐輪場がおすすめです。

キャナルシティ博多第3駐輪場
キャナルシティ博多第3駐輪場

ただ、第3駐輪場に入れるには下車して、バイクを押さなければければなりません。通路がちょっと長いので、大排気量車はちょっとツライかも?!

キャナルシティ博多第4駐車場
キャナルシティ博多第4駐車場

キャナルシティ博多イーストビル第4駐輪場

第4駐輪場はキャナルシティ(第1キャナル)とイーストビルの間にあります。ここは国道202号線側からしか進入できないので、ちょっと面倒ですが、押して歩く通路が短いので大排気量はこちらを使った方が良いかもしれません。

キャナルシティ博多第4駐輪場
キャナルシティ博多第4駐輪場

僕が行った時の駐輪料金は一時間100円。24時間最大500円で打ち止めです。クルマの駐車料が平日7:00~19:00 200円/30分で19:00~7:00 100円/30分。休日だと(終日)  200円/30分なのでバイクの方が圧倒的に安いですね。駐車料金の精算は自動精算機を利用します。

キャナルシティ博多第4駐輪場
キャナルシティ博多第4駐輪場

このワイヤーをバイクの車体に通してロックさせると駐車開始されます。

キャナルシティ博多第4駐輪場
キャナルシティ博多第4駐輪場

見ての通り一台あたりのスペースは十分確保されています。スクーターが多く駐車してますが、中にはGSX-1300R HAYABUSAなんかも駐車してありました。ただ、ハーレーダビッドソンのロードキングやカワサキのバルカン1700ボイジャーあたりは無理かな…。

キャナルシティ博多第4駐輪場
キャナルシティ博多第4駐輪場

バイク乗りならバイクでキャナルシティ博多に行きましょう!クルマで行くより駐車料金は断然お得です!

↑博多駅に行くんだったら博多駅南自動二輪駐車場がおすすめですよ!

今回の旅で訪れた場所へのアクセスはこちら

関連記事

↑ツーリングの楽しみの一つであるキャンプツーリグ。今回は僕の経験を元にしたバイクでのキャンプツーリングにおすすめの失敗しないキャンプ用品(道具・装備)をまとめてみました。バイクでのソロキャンプをメインで考えて、なるべくローコストで永く使えてコンパクトでパッキングしやすい事をメインに考えて選んでみました。

↑バイクに乗ってると、一度はキャンプツーリングに行ってみたって人も多いのではないでしょうか?今回はAmazonで買えて、ユーザーの評価も高い激安のキャンプツーリング道具をまとめてみました。最低限の装備なら2万円未満でキャンプツーリングに行けるんじゃないかな?キャンプツーリングに興味ある人は是非、読んでみてください。

↑ソロツーリング主体で「バイクに乗る時インカムまでは要らないけど、音楽は聞きたい!」って人におすすめな、市販品を組合せで合計3千円台でBluetooth対応のヘルメットが出来ちゃう方法を紹介します。

↑Bluetoothに対応したインカムを使えば、ツーリング仲間と会話も出来るだけでなく、スマートフォンの音楽を聞けたり、バイクの乗りながら電話もできちゃいます。高級なインカムから、中国製のインカムまでを網羅して記事にしました。気になる方は参考にしてください。

↑GPZ900Rのバッテリーがダメになって交換することになりました。ちょうどいいタイミングだったんで、バイク用品屋さんで見かけるようになった、リチウムイオンバッテリーに交換してみようかと思ったんでアレコレ調べて記事にしてみました。

↑バイクに乗って一番イヤなのは雨の日のツーリング。雨の日は走らないと決めている人でも、夕立ちで雨に降られる事があります。僕の経験を元にした失敗しないバイク用のレインウェアについて記事にしています。

↑耐久レースで転んでヘルメットに思いっきり傷を付けちゃったんで、買い換えることにしました。ちょうど良かったんでヘルメットの種類や安全規格、バイクのタイプ別のおすすめのヘルメットなんかを、大手メーカー別に初心者でも分かりやすいように詳しく調べて記事にまとめてみました。

↑↑今じゃバイクにスマートフォンをマウントするのは当たり前の時代ですよね?僕もいろいろとバイク用のスマートフォンホルダーを使ってきましたが、RAM-MOUNTSが手軽に一番しっかりとスマートフォンをマウントしてくれます。使ってとても良かったんで、取付け手順から操作感までレビューを記事にしました。気になる方は参考にしてください。

↑郵便配達のバイクの後ろ。銀行員のバイクの後ろに付いてる箱がありますよね?あれがバイク用のトップケースです。またの名をリアボックス。メットイン機能があるスクーターを除けば、ほとんど荷物を積めるところがないバイク。トップケースが有るのと無いのとでは、積載量が大違い。バイクのトップケースを装着したいと思ったんで、トップケースのメーカーや、トップケースを装着した時のメリットやデメリットとなんかについていろいろ調べてみました。

↑寒い冬のバイク乗りの味方であるカイロ(懐炉)ベンジンを燃料にした「ハクキンカイロ」について記事にしています。安い値段で高価な電熱ジャケット並の暖かさ!冬でもバイクの乗る人にオススメします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です