Keyboard

WordPress4.2にしたついでに子テーマを作ってフォントを整えた

フォントを指定するために、TwentyFifteenのテーマに子テーマを作ってみました。前回は「Twenty Fifteen」のStyle.CSSを直接弄ってフォントの設定を変えていたんだけど、Twenty Fifteenのテーマをアップデートしたら、上書きされて元のイケていないフォントに戻ってしまったようです。

子テーマでフォントを指定する方法

wp-contents\themesに子テーマ用のフォルダを作って、その下にstyle.cssを作ります。僕の場合は『twentyfifteen4geru』という子テーマをつくりました。

/public_html/wp-content/themes/twentyfifteen4geru/style.css

ざっくりいうとこんな感じ。

style.cssの内容は下記の通り。

/*
Theme Name: twentyfifteen4geru
Template: twentyfifteen
*/@import url('../twentyfifteen/style.css');
@import url(http://fonts.googleapis.com/earlyaccess/notosansjapanese.css);

html, body, div, span, applet, object, iframe, h1, h2, h3, h4, h5, h6, p, blockquote, pre, a, abbr, acronym, address, big, cite, code, del, dfn, em, font, ins, kbd, q, s, samp, small, strike, strong, sub, sup, tt, var, dl, dt, dd, ol, ul, li, fieldset, form, label, legend, table, caption, tbody, tfoot, thead, tr, th, td {
font-family: ”メイリオ”,Meiryo,”ヒラギノ角ゴ Pro W3″,”Hiragino Kaku Gothic Pro”,”HiraKakuPro-W3″,”MS Pゴシック”,”MS PGothic”,Arial, Helvetica,sans-serif;}

style.cssにフォントや文字サイズを指定して、あとはダッシュボードに戻って先ほどのテーマ『twentyfifteen4geru』を有効化したら完了!

まとめ

子テーマを作った方がはるかに楽ですね。面倒くさがらずもっと早くやっとけば良かったです。

このような記事に興味がありませんか?

関連記事:WordPress4.2にしたついでに子テーマを作ってフォントを整えた

関連記事:WordPressの投稿記事が「?????????(クエスチョンマーク)」になってしまった

関連記事:WordPress「Twenty Fifteen」のアイキャッチの画像サイズとフォントの指定

関連記事:WordPress、XREAからCORESERVERへの乗り換え手順メモ

「WordPress4.2にしたついでに子テーマを作ってフォントを整えた」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です