Vespa PX150

VESPA PX150を買ったよ!

イタリア産まれのスクーターVespa PX150を下駄バイクとして買ってしまいました!

Vespa PX150とは

伝統的なベスパの特徴を色濃く残す、このVespa PX150/125。昨今は4ストローク化に伴い進化し続けているベスパシリーズなのですが、PX150は伝統的なボディライン、キャブレター式空冷単気筒2ストロークエンジン、グリップシフト。Vespaの伝統を色濃く残しています。そしてPIAGGIO社が作る最後の2ストロークマシンになるかも知れないと言われています。

僕は納車時に前後にキャリア。右ハンドル付近にデイトナのマルチバーホルダにETCを取り付けてもらったのと、

Vespa PX150
Vespa PX150

フロントの小物入れにUSB電源を合わせて取り付けてもらいました。

Vespa PX150
Vespa PX150

Vespa PX150に乗ってみた!

一番特徴的なのはやはりグリップシフトでしょう。最初はワイヤーが固くて動きが鈍いのですが、馴染んでくるとシフトチェンジが楽しくてしょうがありません。それと、2ストロークの小気味良いエンジン音もとてもいいですね。150ccなので高速道路にも乗れますが最高速度は90Km/hくらいなので、ちょっと怖いかも。そして急な坂道も恐ろしいほど登りません。ウェブでいろいろ調べたんだけど、やはりこの排ガス規制がかかったモデルは鬼のように走らないようです。まぁ、でも公道でぶっ飛ばしても危ないだけなんで、もうちょっと慣れるまではこのままにしておこうと思います。

このような記事に興味がありませんか?

関連記事:バイクのヘルメットを買い換えるために比較してみた

関連記事:バイクにリチウムイオンバッテリーを載せる前にいろいろ調べてみた

関連記事:ツーリングにおすすめのバイク用レインウェアを調べたよ

関連記事:バイクでのキャンプツーリングにおすすめの道具をまとめてみた

関連記事:Bluetoothインカム、SENA SMH10D-10を買った話

関連記事:一番安く手軽にバイクで音楽を聞く方法

関連記事:スマートフォンをバイク用ナビとして使ってみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です