F.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付け

VESPA PX150のタンデムステップとアルミスタンドブーツを取付けたよ

F.A.ITALIAのタンデムステップを装着しました。これに併せてゴム製のスタンドブーツの片側が外れていたので、同じくF.A.ITALIAのアルミスタンドブーツを装着してみました。今回はその手順を記録として残しておきます。こちらもマフラー同様素人カスタム。参考にする人はその辺りを十分考慮してくださいね。

PX150のタンデムシートに子供を乗せてツーリングに行くのですが、足を載せる場所が無いと子ども達からえらい不評のPX150。おとーさんとしては最優先で解決すべき課題です。

今回のカスタムパーツ、F.A.ITALIA製のタンデムステップとアルミスタンドブーツ

F.A.ITALIAのタンデムステップ

F.A.ITALIAのタンデムステップ

↑これが届いたばかりのF.A.ITALIA製のタンデムステップ。

↑今回はAmazonから通販を利用して入手しました。

F.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付け

F.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付け

↑こっちは同じくF.A.ITALIA製のアルミスタンドブーツ。

↑こっちもAmazonから入手しました。地方住みの僕、そしてPX150の様なマイナーな車種のカスタムパーツでもAmazonから買えるのでいい時代になりましたね。

PX150を倒してしまおう

F.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付けF.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付け

F.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付け

↑センタースタンドと共締めするので、センタースタンドが利用できません。よってマフラー交換と同じく車体を倒して作業します。

センタースタンドを取り外そう

F.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付け

F.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付け

↑センタースタンドのスプリングと4本のボルトを外し、センタースタンドを取り外します。

アルミスタンドブーツを取り付けよう

F.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付け

F.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付け

↑片方だけ残ってるゴムブーツを取り外しました。てか、これ接着されてなんだね。引っ張るだけで簡単に抜けちゃった…。そりゃ簡単に外れて無くすわけだわ。

F.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付け

F.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付け

↑F.A.ITALIA製のアルミスタンドブーツを取付けます。これはボルトを締め付けるだけなんで取付けは楽勝。

タンデムステップを取り付けよう

F.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付け

F.A.ITALIAのタンデムステップとアルミスタンドブーツの取付け

↑問題はタンデムステップ。スタンドに共締めするスタッドが立ってるサポーターがフロア裏側の突起部分に干渉して取付けができません。そしてそもそも車体の穴位置すらも合っていません。おまけにタンデムステップに付属していたロックナットのネジ山が最初っから1個潰れてるし…。仕方ないので近所のホームセンターでM6×25mmのボルト4本とロックナットを買ってきて、M6×25mmのボルトを裏から差し込みタンデムステップを取付けました。

まとめ

タンデムステップを取付けた後に、子供と奥さんとタンデムで試乗してみたけど、タンデマーの身長が150cm前半だったらタンデムステップの高さがちょっと足りないかも…。あとは子供の成長を待つしかなさそうです。しかし、やっぱりイタリア製のカスタムパーツ。パーツに施されているメッキも汚いし、取付けも一筋縄では行きませんね。確かにPX150は歴史の古いバイクなので仕方なないんでしょうけど、マフラー交換同様、多少の知恵が必要でした。読んでて面倒くさいと感じた人はショップに頼むのが一番いい選択だと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です