k400r | Logicool

Logicool k400rをMacBookAirで使った話

先日、MacLab製Thunderbolt( Mini DisplayPort )-HDMI 変換 ケーブルを使ってAppleのMacBookAirと東芝REGZA 32S8を繋ぐ事ができたんだけど、やっぱりMacBookAirをクラムシェルモードで使いたいので、アパートの近所にあるエディオンでキーボードのLogicool k400rを買って来た。

Logicool k400rはトラックパッド内臓

色々悩んだんだけど、このキーボードを買った一番の理由はデザインの良さとトラックパッドが内蔵されている事。他にもバッファロー社やエレコム社製なんかのキーボードは安価でBluetoothにも対応してたので、ずいぶん悩んだけど、兎に角デザインがイケてないので却下。しかしこのLogicool k400rのパッケージを見るとMac非対応だけど、所詮キーボード。なんとかなるでしょ。

k400r | Logicool

k400r | Logicool

LOGICOOL ワイヤレスタッチキーボード

部屋に戻ってMacBookAirのUSBにUnifyingのトングルを差したら問題なく認識されました。

Macintoshではキーボードの設定をJIS配列にする

キーボードの設定をJIS配列にしてみると、Windowsキー+スペースキーで半角、全角の切り替えができるし、右クリックでメニューも出てくるし、Mac特有の2本指でのページスクロールにも対応しています。しかし、残念ながらその他のトラックパッドのジェスチャには対応していませんでした。
ただし、基本的な機能は兼ね備えているので、使用するのに特に不満はありません。ひとつだけ言わせてもらうと、独特のキー配置なのでタイプミスしやすいことかな?リビングキーボードとして軽量、省スペースで設計されているのでこれは仕方ないんでしょうね。

安いLOGICOOL社のマウスもUnifyingで認識させた

手持ちのレッツノートに使っていた同じLogicool社製のマウスM187を認識させる為に、社のサイトからUnifyingのドライバをダウンロードしインストール。するとLogicool k400rに付属していたトングルでM187を無事に認識する事が出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です