カテゴリー別アーカイブ: 05-01.NISSAN NV200

3-drive・α3DA | PIVOT

NV200にオートクルーズ付きスロットルコントーラーを取り付けた

NV200にPIVOT社のオートクルーズ付きスロットルコントローラーを取り付けました。取り付けたのは3-drive・α3DAです。

3-drive・α3DAとは

この製品を簡単に説明すると、アクセルペダルの開度を調整する機能と、アクセルペダルを踏み続けずに、セットした速度を一定に維持する機能を併せ持った装置です。

僕の場合は仕事で長距離を移動する事が多い経験から言うと、高速道路でアクセルを一定に踏み続けるの意外に疲れるものです。しかし、この3-drive・α3DAがあれば、アクセルペダルから足を離してもそのまま一定の車速をキープできる事が可能ですし、スロットルコントローラ機能も付いているので、アクセルレスポンスをスポーツ 7 段階・ECO 5 段階・ノー マルの 3 モード 12 段階に調整可能です。またアクセル開度がリアルタイムにモニターに表示さますので、エコ運転をするときに目安になります。

 3-drive・α3DA | PIVOT

3-drive・α3DA | PIVOT

 

早速、走ってみた

取り付けた後に高速道路を走ってオートクルーズ機能を試したのですが、高速で想像以上に快適になります。混雑していないところで、オートクルーズモードにすると、サービスエリア・パーキングエリアまでアクセルを踏む事なく、一定の速度走っいく事ができるので、右足に全く負担がかかりません。もちろんブレーキを踏めば自動的に解除されるので安心です。

またスロットルコントローラー機能はスポーツモードの「SP7」に設定すると、アクセルペダルを少し踏んだだけで加速していきます。しかし、レスポンスが敏感になるので、運転するのに疲れます。一方のエコモードの「EC5」に設定すると、アクセルペダルを分でも速度の反応が鈍くなりますが、アクセルを踏んだ時のピッチングが緩和されます。

まとめ

アクセルを踏みっぱなしせずに済みますし、安定した乗り心地となり、燃費も改善されます。これは文句無しで良い商品ではないでしょうか?特に高速道をよく走られる方にはお勧めしたい商品です。
▶︎PIVOT 3-drive・α

このような記事に興味がありませんか?

関連記事:NV200にオートクルーズ付きスロットルコントーラーを取り付けた

関連記事:NV200をトランポ化した話

関連記事:NV200にGPZ900Rを乗せてみた話

関連記事:NV200の燃費とディーゼル仕様の話

関連記事:NV200にバイクを乗せてみた話

関連記事:NV200の良い点、悪い点をまとめてみた

関連記事:NV200をトランポにする為に少しカスタムした話

関連記事:NV200のフィルムを貼ってみた話

関連記事:NV200がやってきた!

NV200 | ホイールチョック

NV200をトランポ化した話

前回のテストでNV200にGPZ900Rをのせることを確認できたので、今回はさらに進んでGPZ900Rを安定させてサーキットまで運べるようにカスタマイズをしてみます。

NV200 | 荷室

NV200 | 荷室

NV200にバイクを積んだときに安定させたい

タイダウンだけ使って固定させてもいいんだけど、フロントホイールを固定したほうが安定して転倒リスクが減るのはのは明らかです。しかし、今までのフロントホイールチョックを利用した方法でGPZ900Rを載せるとNV200のリアガラスに接触して積載できません。(NV200の前席センターコンソールからリアハッチまで約2060mm。ただしリアハッチのドアは若干だがRが付いてる為、2060mmより若干短い)

NV200の荷室寸法を最大限利用して、モーターサイクルを安定して運べるようにしていきます。

NV200 | 荷室寸法

NV200 | 荷室寸法

材料の準備

  1. L1800*W900*T15のコンパネ*1
  2. L2000*W1000のビニル床材*1
  3. コニシ ボンドFL200*1
  4. へら*1
  5. アストロプロダクツの「モーターサイクル フロントホイールチョック」*1
  6. 電動ドリル*1

作業手順

  1. ホームセンターで購入したコンパネをL800*W900*11とL1000*900*11に切り分けてもらいます。
  2. ビニル床材をL800*W900とL1000*900に切り分けます。
  3. ボンドFL200*1をへらで板に均一に塗りつけ、コンパネとビニル床材を張り合わせます。
  4. 乾燥したらホイールチョックをコンパネに乗せて穴位置をマーキングします。
  5. マーキングした位置を電動ドリルで10mmの穴を4箇所開けます。
  6. ホイールチョックをボルトとナットでコンパネに取り付けます。
NV200 | ホイールチョック

NV200 | ホイールチョック

まとめ

アストロプロダクツ製アストロプロダクツ モーターサイクル フロントホイールチョック(※2015.1.23リンク切れ※現在販売されているかは未確認、Amazonで検索すると近い製品があるがNV200に取り付け可能かは未確認)
の形状はNV200のセンターコンソール付近まで利用できるので、荷室全長を最大限利用できました。

このような記事に興味がありませんか?

関連記事:NV200にオートクルーズ付きスロットルコントーラーを取り付けた

関連記事:NV200をトランポ化した話

関連記事:NV200にGPZ900Rを乗せてみた話

関連記事:NV200の燃費とディーゼル仕様の話

関連記事:NV200にバイクを乗せてみた話

関連記事:NV200の良い点、悪い点をまとめてみた

関連記事:NV200をトランポにする為に少しカスタムした話

関連記事:NV200のフィルムを貼ってみた話

関連記事:NV200がやってきた!