鹿児島黒毛和牛とカツオの刺身を食べるグルメツーリング

バイク仲間と鹿児島までキャンプツーリングに行ってきました。鹿児島での宿泊はいつも通りの「吹上浜海浜公園 キャンプ場」です。なぜここにいつも行くかと言うと、9月から3月までなら6人のバンガローだと9,920円の所が6,940円と宿泊費が大幅に安くなる、おすすめのキャンプ場なんです。今回は4人なので1人あたり宿泊は1,735円。安いですよねー。

鹿児島黒毛和牛とカツオの刺身を食べるグルメツーリング 1日目

博多から九州道を使って一路鹿児島へ。と思ったんだけど、僕のGPZ900Rの調子が悪く、1時間遅れでスタート。先行していた友達と熊本の宮原サービスエリアでなんとか合流。そして友達のインカムSMH5と僕のSMH-10とペアリンクさせてみたんですが、ちゃんとペアリングできる事ができました。やっぱり会話しながらツーリングができるBluetoothのインカムは便利ですね!

こちらが僕が使っているインカム

こっちが友達が使っているインカム

機種は違えどSMH-10とSMH5はペアリンクさせる事ができました。
SENAってインカムだとどれも会話できる仕様なっているんですかね?
GPZ900RとZ1、Z1Rとみんな絶版旧車だったのですが、ちょっとしたトラブルだけで、無事にキャンプ場にたどり着く事ができました。

吹上浜海浜公園 」
吹上浜海浜公園 」

キャンプ場の管理事務所でチェックインの手続き済ませて、近くにある万世ストアーに買い出しへ。実は吹上浜海浜公園を選ぶ理由はオフシーズンの価格以外にもう一つあります。それはこの万世ストアーというスーパー。

万世ストアー
万世ストアー

この万世ストアーの精肉コーナーの「マーちゃんの鳥刺し」と「黒毛和牛のうで焼肉用」が最高なんです!

万世ストアー 精肉コーナー
万世ストアー 精肉コーナー

1日めのメインディッシュは万世ストアーで買った「マーちゃんの鳥刺し」です。シャーベット状になっているタタキの鶏肉なんですが、南九州の甘い醤油に生姜とニンニク溶かして食べるんですが、まぁ、これが美味い!

マーちゃんの鳥刺し
マーちゃんの鳥刺し

1日目の宴会は、友達がハンディカラオケとパソコン用のスピーカーをバイクに積んできたので、みんなでカラオケ大会。カラオケマイクとスピーカーをもってツーリングに行くのは僕らぐらいじゃないかな?(笑)

鹿児島黒毛和牛とカツオの刺身を食べるグルメツーリング 2日目

南薩といえば開聞岳。開聞岳が美しくに見えるといえば長崎鼻。ということで2日目は朝から長崎鼻に向かう…。はずだったんだけど、Z1Rのガソリンホースからのガソリン漏れのトラブル。近くのホームセンターで農機用のガソリンホースを調達して修理。そんなトラブルがありつつも、長崎鼻に到着。

駐車場から長崎鼻に向かう道にはお土産やさんが並んでいます。

長崎鼻
長崎鼻

これまた長崎鼻に行く途中にある「竜宮神社」。あれ?数年前に来た時は、こんなのなかった気がするんだけど?調べてみると平成23年に新しい拝殿になったそうです。前は全然気づかなかった!この竜宮神社「古事記」「日本書紀」に出てくる豊玉姫(トヨタマヒメ)、(別名:乙姫様)が祀られてて、浦島太郎伝説地として縁結び・航海安全などにご利益があるそうです。

竜宮神社
竜宮神社

うらしまさんの像。あれ?前来た時は無かったような…。女性は右から2回まわって、男性は左から2回まわって、亀の頭や甲羅や顔、頭をなでると願望成就するそうです。

浦島太郎像
浦島太郎像

そして、これが長崎鼻から見る開聞岳!富士山の次に美しい山じゃないかと思います。

開聞岳
開聞岳

長崎鼻で開聞岳を堪能して、バイクに戻る途中にマンゴージェラートをいただきました!

マンゴージェラート
マンゴージェラート

本当なら開聞岳をみたあと、枕崎の「枕崎お魚センター」でカツオメインのランチを食べようかと思ったんだけど、長崎鼻からだと営業時間に間に合いそうにないんで「道の駅山川港活お海道」に変更。しかし、ここのレストランも待ち時間がわからないほど人が一杯。駐車場のまわりを見ていると「むげん」というお店を見つけたのでこっちに変更!

立て看板から否応なく期待が高まります!

山川港 むげん
山川港 むげん

僕らが頼んだのは「刺身定食」です。この日はお客さんが多くて、刺身がカツオだけになるかもしれませんと女将さんが言ってたんだけど、カツオを食べに鹿児島まで来たんだから、我々にはむしろウェルカム(笑)

で、これが出てきた刺身定食。タコとカツオのタタキ、キモ、カツオとカンパチの刺身、漬物、味噌汁。やっぱりカツオは美味いわぁ…。ここのカツオのタタキにはマヨネーズが乗ってて、それをわさび醤油で食べる斬新な味でした。

刺身定食
刺身定食

刺身定食でお腹が一杯になったので、次はイッシーで有名な池田湖へ。

池田湖は周囲15km、水深233mもあり九州最大の湖で、遠くに開聞岳も望めます。湖には体長2m、胴回り50cmの大うなぎが棲息しており、幻の怪獣「イッシー」の湖としても有名で、湖のそばのドライブインにはオオウナギが展示してありました。

池田湖
池田湖
 池田湖をフラフラしていると夕方になってきたので、キャンプ場に戻ります。
まずはキャンプ場に戻ると、キャンプ場の隣にある「かせだ海浜温泉ゆうらく」で風呂に入って1日の埃と汗を落としてきました。
そして二日目の宴会のメインディッシュは万世ストアーの鹿児島県産黒毛和牛うで焼肉用500g。どーですか、この肉色とこの刺し!これが抜群に美味いんです!
鹿児島黒毛和牛うで焼肉用
鹿児島黒毛和牛うで焼肉用

サシが多いので、煙も多くでちゃうけど、それがいい!それが美味い証拠なんです!

鹿児島黒毛和牛うで焼肉用
鹿児島黒毛和牛うで焼肉用

そして鹿児島といえばさつま揚げ。これも一緒に焼いちゃいます!

さつま揚げ
さつま揚げ

なんでツーリングで焼肉が出来るかって?
ぼくが愛用しているIwataniのカセットコンロと、

この網焼きプレートを持って行ってたんです。

今回はロッジに泊まるし、地元の布団屋さんに貸し布団をお願いしました。それにロッジには冷蔵庫も備え付けられています。持って行く荷物も少ないのでこんな荒技ができるんですよね。

そして2日目も飲んで歌って夜がふけていきました。

鹿児島黒毛和牛とカツオの刺身を食べるグルメツーリング 3日目

長崎県から来ている友達もいるので3日目は博多に帰るだけ。しかーっし、そこは旧車。九州道を走っていたらZ1がたびたびエンジンストールしてしまいます。どうやら振動でイグニッションキーばバカになっているようです。メーターの揺れを抑えるように細工をし、なんとか博多まで帰ってくることができました。

鹿児島黒毛和牛とカツオの刺身を食べるグルメツーリングのまとめ

今回のツーリングで思ったのは鹿児島県の個人経営の食堂は2時から3時にはお店が閉まってしまいます。予定を立てるときにランチをどこで食べるかをしっかりおさえとかないと、地元の美味しいランチが食べれない事態に陥ってしまうことがありました。

風光明媚で食べ物も美味しい、住んでる人もいい鹿児島県はなんど行ってもいいところでした!

このような記事に興味がありませんか?

関連記事:島根県出雲市の国宝、出雲大社に参拝に行ってきた

関連記事:長野県にある諏訪大社の4社全てを参拝してきた話

関連記事:広島県廿日市市の世界文化遺産、厳島神社に行ってきた

関連記事:愛知県名古屋市熱田区にある熱田神宮の宮きしめんときよめ餅を食べた話

関連記事:靖国神社と千鳥ヶ淵戦没者墓苑に行った話

関連記事:下諏訪町の万治の石仏を見てきた話

関連記事:長野県長野市の「遠くとも一度は詣れ善光寺」善光寺まで行ってきた

今回の旅で訪れた場所へのアクセスはこちら

Bluetoothインカム、SENA SMH10D-10を買った話

先日、色々比較したインカムSENA SMH10D-10(並行輸入版)がAmazonから届いたので、早速、ヘルメットに取り付けて使ってみました。今回はSENA SMH10D-10のインプレッションを書いてみようと思います。

まずは1台をiPhoneとペアリンクして使ってみた。

早速、ヘルメットに取付て、スピーカをヘルメットに仕込んで、僕が使っているiPhone6PLUSとペアリンクさせて使ってみました。まずはiPhone側のBluetooth機能を起動させて、次にインカム側をペアリンクさせる操作すると、インカムから「”NowConnected”(接続しました)」と音が鳴り、簡単にペアリンクさせることができました。

ジョグダイヤルを回転させると音量の調整ができます。ジョグダイヤル押した状態で回転させるとでiTunesのトラック先送り、巻き戻しができます。ジョグダイヤルを一秒程度押すと音楽を停止させることができした。

ジョグダイヤルはグローブを装着しても簡単に操作できます。しかし、操作性の為にサイズがトレードオフされ、かなり大きいサイズのインカムなってしまっています。デザインは悪くないんですが、ヘルメットに装着するとちょっと仰々しくて不格好ですね。

初期設定では音楽よりもナビ音声や携帯電話などが優先されているようで、そのさい音楽は途切れた状態になります。音楽再生の音量は大きく、高速道路を走っても聞きにくい事などはありませんでした。

充電はUSB2.0[A]オス – USB2.0[Micro-B]オス。Androidのスマートフォンや、スマートフォン向けの予備バッテリーとなんかと同じなので、何かと便利です。

次は二台でペアリンクして使ってみた。

奥さんとのツーリングのときに、ペアリンクさせて使ってみました。通話はジョグダイヤルを一回押すと通話モードになります。ジョグダイヤルは大きいののでグローブを付けてても、操作性に問題はありません。

インカムの通話機能は700Mくらい離れても途切れる事はありませんでした。高速走行中であっても、風切り音が若干入るものの、普段の会話レベルの音量で通話する事が可能でした。奥さんの評価も非常に高く、気にいったようです。

娘とタンデムの時にも使いましたが、全く問題ありません。ただ、ヘルメットに取り付けると大きくてカッコ悪い…。でも、操作性を考えるとこの形状はベストかもしれませんね。

SENA SMH-10
SENA SMH-10

マイクブームはクランプキットが部品販売されている

他の方のインプレッションで弱いと言われているマイクブームの部分も、クランプキットとしてAmazonで部品販売されていますから、ブームが弱くなってもこのクランプキットを買えばアッセンブリー交換することができます。

まとめ

製品の作りも良いです。2台、ジェットヘルメットで一般道と高速道路で使ってみても、次女とタンデムで使っても普通に会話できるので便利な製品でした。奥さんのエストレヤとぼくのW650とペアで使っても会話は途切れることなく、音声も十分聞き取る事ができました。

並行輸入品は英語版なので、本体の電源を入れると”Hello!”。機器と接続すると”NowConnected”と英語で答えてくれます。そして、電源を切ると”Good-by”程度しかおしゃべりしてくれません。あとはジョグダイヤルの操作入力の確認はピープー音です。

並行輸入品なので、トラブルが起きても自己責任で解決できる人であればお勧めだと思います。

このような記事に興味がありませんか?

関連記事:バイクにリチウムイオンバッテリーを載せる前にいろいろ調べてみた

関連記事:ツーリングにおすすめのバイク用レインウェアを調べたよ

関連記事:バイクでのキャンプツーリングにおすすめの道具をまとめてみた

関連記事:スマートフォンをバイク用ナビとして使ってみた

関連記事:一番安く手軽にバイクで音楽を聞く方法

関連記事:バイク用のBluetooth対応インカムを比べてみた話