ツーリングにおすすめのバイク用レインウェアを調べたよ

バイク乗りにとって雨は天敵です。特に寒い時期の雨は死ねます。今回は僕の経験を元にした、失敗しないレインウェアの選びかたについて書いてみたいと思います。雨の日は走らないと決めている人でも、日帰りツーリングで夕立ちに降られる事があります。泊まりがけでツーリングへ行くなら必ず雨具は持っていくようにしましょう

レインウェアに大切な耐水圧と浸透性

レインウェア(カッパ)は外部からの水を通さない耐水性と共に、肌からでる湿気を外に逃がす「透湿性」を持たせる事が、着用時の快適性につながります。繊維関係のJIS規格「JIS L 1092:2009 繊維製品の防水性試験方法」「JIS L1099:2012 繊維製品の透湿度試験方法」を読み込んだのですが、意外にシンプルな試験方法なんですね。

耐水圧とは

耐水圧とは、生地にしみ込む水の力を抑える性能数値です。 そして多くのメーカーが耐水圧の試験方法として採用しているのが「繊維製品の防水性試験方法 JIS L 1092(a.静水圧法)」です。例えば耐水圧20000mmだと20メートルある円筒の筒を直立せさ、試験片である繊維(生地)を下に敷いて、円筒の上から水を注ぎ、水位が20メートルになっても試験片の繊維(生地)から漏水することが無いといった試験方法です。

耐水圧500mm
傘の耐水圧が500mm程度です。
耐水圧1,000mm
1時間に1mm程度降る雨。軽い小雨の天候に適しています。
耐水圧10,000mm
1時間に30mm程度降る雨。一般的な雨天の場合に適しています。
耐水圧20,000mm
1時間100mm降る雨。嵐や台風のような状態に適しています。

浸透性とは

レインウェア(カッパ)内にこもる蒸気を外に発散させる能力を表す浸透性です。多くのメーカーが採用しているのが「JIS L1099:2012 繊維製品の透湿度試験方法(B-1酢酸カリウム法))」です。この試験方法はカップに透湿度測定用補助フィルムを試験片の裏面を覆ったものでカップ蓋をして、それを逆さまにして水の中に浸し15分間放置します。するとカップの中に水蒸気が通過してくるので、それをあらかじめ重量測定してカップの中に入れて置いた吸湿材(酢酸カリウム溶液)に吸収された水蒸気の質量を計算し、透湿度(g/㎡/h)を算出しする方法です。

例えば、透湿度12,000mg/m2/24hであれば、1日(24h)で1平方メートルあたり、12,000g(12kg)の水蒸気の汗を外に出す能力があるということになります。

透湿度1,200g/㎡/24hr
大人が静止した状態で24時間発汗量
透湿度12,000g/㎡/24hr
ウォーキングなどの軽めの運動での発汗量
透湿度24,000g/㎡/24hr
ランニング・トレッキングなどの激しい運動での発汗量

なお、ゴアテックス素材については「JIS L1099:2012 繊維製品の透湿度試験方法(b-2法(酢酸カリウム法の別法 I)」が試験方法になっています。

レインウェアは少し大きめのサイズを選ぼう

春夏と秋冬ではライディングウェアが違います。寒さで着ぶくれしても更にその上からレインウェア(カッパ)が着られる様に、大きめのサイズを選びましょう。また、上記にも書きましたが、耐水性は圧力にも左右されます。

シートとお尻の間は常に圧力がかかってしまい、お尻に部分にはパンツの縫い目も集中しています。なるべくお尻を隠れてしまうような長めのジャケットを選べば、シートとパンツの間にジャケットを挟んで着座することになるので、パンツの縫い目から漏水することもなくなります。

ベンチレーション機能があるレインウェアを選ぼう

気温が高い夏。レインウェア(カッパ)内部は汗で蒸れてしまいます。湿気を排出してくれるようなゴアテックスなどの浸透性に優れたレインウェアか、レインウェアの背面にベンチレーション(通気口)を備えたレインウェアを選びましょう。

ツーリングに最適な注目のおすすめレインウェア

RSタイチ DRYMASUTER -X
RSタイチの上位クラスのDRYMASTER-X レインスーツ。透湿防水素材である「ドライマスター-X」を使用したこのモデル。まるでジャケットのようなレインウェアに仕上がっています。パンツは裾にマフラー焼け防止の難燃生地を施したり、いちばん染み込みやすい、おしりのセンターに縫い目を持たないシームレスヒップ構造になっています。

GOLD WIN エントラントDTコンパクトレインスーツ
ゴールドウィンのレインウェア エントラントDTコンパクトレインスーツ 。このレインウェアは「膜面ドライタッチ加工(2.5層)」を使用して、裏地にメッシュを付けなくても、ドライな着心地を実現。なによりコンパクトなレインウェアになっています。

GOLD WIN Gベクター2コンパクトレインスーツ
これは僕が使っているゴールドウィンが使っているGベクター2コンパクトレインスーツです。ゴールデンウィークに鳥取から福岡まで雨の中走りっぱなしでしたが、雨が染み込むことも、蒸れる事もありませんでした。Webでの評価も上々で、GORE-TEXと比較しても遜色ないとレビューしている人もいるくらいです。装着高い防水性のでコンパクト、そして安価。文句なしにおすすめ出来るレインスーツです。

ROUGH&ROADデュアルテックスコンパクトレインスーツ
ROUGH&ROADデュアルテックスコンパクトレインスーツ。スペースの無いバイクで持ち運ぶなら、コンパクトであることは重要なポイントです。このモデルは収納時に8cm×18cmという超コンパクト設計で常時携行されるライダーにはおすすめです。

ジェークルー(J-CREW) ツーリングレインウェア
ジェークルー(J-CREW) ツーリングレインウェア。何と言っても嬉しいのは6LやLL/Bなどの豊富なサイズを用意していること。サイズに悩む人におすすめのレインウェアです。

コミネのブレスターレインウェア フィアート
コミネのブレスターレインウェア フィアート。5色のカラーラインナップで透湿防水素材ブレスター採用のシンプルで快適なレインウェアです。背面に設けたベンチレーションで蒸れを排出します。ただ、ブーツを脱が無いと履けないパンツになっているのが欠点です。

イージーライダース バイカーズレインスーツ
ハーレーに乗っている人がよく来ている、EASYRIDERSの「バイカーズレインスーツ」。クルーザータイプのバイクで使用することを想定して作られていて、右足に大型のヒートガードを備えられています。しかし、ベンチレーション考慮されておらず、蒸れやすいレインウェアになっています。

大事なブーツのレインカバーとレイングローブ

レインウェア(カッパ)を着込んだとしても、雨に濡れてしまうと手足が冷たくなってしまいます。夏ならまだしも、春・秋・冬だとやはり手足、体の末端に対する雨に対する対策が必要です。

GOLDWINコンパクトブーツカバー
折りたたんで付属のポーチに入れる事ができるコンパクトなブーツカバーです。通常のライディングブーツは使える大きめのサイズになっています。

デイトナ(DAYTONA) バイクグローブ ネオプレンウインターグラブ
均一な気泡を含んだ発泡性ゴム材「ネオプレーン」を使用した完全防水のグローブ。湿気が逃げにくい素材のようですが、さすが冬用とうたっているだけあって、完璧に防水するグローブです。

コミネ KOMINE ネオプレーン ハンドルウォーマー
Amazonの評価が高いネオプレーン素材を使ったハンドルウォーマー。デザインがイマイチを除けばかなりいい商品。冬の雨でも問題無い強力なアイテムです。

シームテープを使ったメンテナンス

レインウェア(カッパ)には縫い目があります。ようは針が通るほどの穴が無数にあいています。しっかりとした素材を使っていても穴が開いていればウェアは漏水してしまいます。そのため、縫い目の目止めにシームテープという漏水防止のテープを接着して水の浸入を防いでいます。使っていればシームテープは劣化し剥がれてしまうので、補修用のシームテープを用意しておきましょう

シームテープより強力なリペア剤。シームグリップ。しかし、一度開封すると固まってしまうため、使い勝手が悪いようです。

まとめ

レインウェア(カッパ)には各メーカーいろんな素材を使い商品開発を行っています。生地に無数の小さな穴が開いた薄いフィルムを貼った多孔質の生地であるGORE-TEX、DIAPLEX、DERMIZAX、SUPER PROTEINTEX。生地に防水機能が高いウレタンをコーティングして防水性を高めたENTRANT GII (GII-XT、DT)、DRYTECH (DRYLIGHTTECH)、HYDROBREEZEなどがあります。また、生地にP.V.C(ポリビニールクロライド 塩化ビニル)を生地にコーティングタイプ。非常に安いけど数年でコーティングがボロボロに剥離してしまいますが、使い捨てと考えればお得感がある製品もあります。

いままでいろいろ使ってきましたが、一般的にバイク用のブランドの製品であれば、使用期限を考えてメンテナンスをしていけば、レインウェアから漏水して雨に濡れることはありません。それより、レインウェアでカバーできない首回りにタオルを巻いたり、ハンドル周りにハンドルカバー、足のケアにブーツカバー等を使うなど、レインウェア以外からの水の侵入についてのケアを考えた方がいいのかもしれませんね。

このような記事に興味がありませんか?

関連記事:Bluetoothインカム、SENA SMH10D-10を買った話

関連記事:一番安く手軽にバイクで音楽を聞く方法

関連記事:スマートフォンをバイク用ナビとして使ってみた

関連記事:バイクでのキャンプツーリングにおすすめの道具をまとめてみた

バイクでのキャンプツーリングにおすすめの道具をまとめてみた

ツーリングの楽しみの一つであるキャンプツーリグ。今回は僕の経験を元にしたバイクでのキャンプツーリングにおすすめの失敗しないキャンプ用品(道具・装備)をまとめてみました。バイクでのソロキャンプをメインで考えて、なるべくローコストで永く使えてコンパクトでパッキングしやすい事をメインに考えて選んでみました

ツーリング用の便利なドライバッグ

バイクに積載するにはバッグが必要です。ネイキッド系やSS系の人は大形のシートバッグやハーレー乗った人はホームセンターの箱(RV BOX)などを利用してキャンプ道具を収納している人もみかけますが、僕の一番のおススメは「モンベル(mont-bell) ドライコンテナチューブ」です。サイドがマジックテープ止めで、折り畳んで閉じるようになっているので、下記に紹介するロックストラップを使うと、サイドから荷物の出し入れが可能です。多く積載できて、安くて、雨に強い。簡単にパッキングでき、装備を取り出したら、小さく折り畳めば枕にもなる、文句なしのツーリング向けのドライバッグです。

おすすめのロック(ROK)ストラップとツーリングネット

ドライバッグをバイクに固定する時にROKストラップ2本と大きなサイズのツーリングネットを使います。ストラップを引っ張ると確実に荷物が固定されます。1本では荷物がグラつくので2本必要です。

基本的にはROKのロックストラップ2本で確実に固定できるのですが、タナックスのツーリングネットはロックストラップの保険(補助)として使っています。キャンピングマットやタオルを挟んだり、キャンプ場で出たゴミを簡単にくくりつけるような事も出来るので、あればとても便利な必須アイテムです。なるべく大きなサイズを選んでおきましょう。

キャンプツーリングにおすすめのテント

キャンプツーリング用として開発されてテントはもちろん、バックパック用テント、トレッキング用テントや山岳用テントを使っている人も多く見かけます。みんな前室があり、1~2人用よりも2~3人用で、設営が簡単で収納サイズがコンパクトなテントを選んでいるようです。

僕はモンベルのクロノスドーム2型を使っています。コンパクトに収納できるところに魅かれて買いました。このテントはショックコードでポールとソケットが一体となっているので素早い設営・撤収が可能なツーリングにおすすめのテントです。

クロノスドーム | モンベル
クロノスドーム | モンベル

クロノスドーム2型は十分なサイズの室内と前室があります。室内は奥さんと僕の2人が寝て、テント内に荷物を置いてスペースがあります。また前室はブーツや、コッヘル、テーブルなど翌朝も使うものは前室に入れる事が出来るおすすめのツーリング向きのテントです。

 

おなじモンベルのマスターピースであるムーライトテント。月夜の明かりでも設営に5分かからないと言われています。これもライダーに人気ですね。少し前室が狭いのでミニタープと併せて使うのがベストです。

キャンプ場で必ずと言っていいほどライダーが使っている、コールマンのツーリングテント。少し重いのですが、安くて広い前室が魅力的なテントです。

アライテント(ARAI TENT) トレックライズ2(TREK RAIZ2) 。収納すると小さく設営が簡単。雨が降っていてもテントを張るのが苦にならないこだわりをもった人が使う本格的な山岳テントです。でも、お値段がスゴイんですよね。

良いものを選びたい寝袋(シェラフ)

寝袋にはダウン素材と化繊素材があります。ダウンシュラフのは寝心地が良く収納サイズが軽量コンパクトな所が魅力です。化学繊維のシュラフは廉価で水濡れに強のですが、大きくなりがちです。

僕は化繊タイプのモンベル(mont-bell) スーパースパイラルバロウバッグ♯3を使っています。中綿は化繊なのですが、結構コンパクトなシェラフです。ただ身長180CMの僕にはちょっと小さいかな…。

このスーパースパイラルバロウバッグ。さすがに真冬は使ったことありませんが、秋・春の阿蘇の麓のキャンプ場くらいだったら、そんなに寒いと思ったことはありません。

グースダウンで同様のタイプも販売されていますが、やっぱり良いお値段になっていますね。

地面からの湿気や冷気を遮断するマット・パッド

キャンプのマットやパッドは、地面の湿気や冷気を遮断して快適な睡眠を確保するための必須アイテムです。冷気や湿気は洒落にならないので、テント、シェラフ、マットは良いものを選びたいものです。

マットやパッドには主にポリエチレンのタイプ(いわゆる銀マット)とインフレータータイプがあります。ポリエチレンのタイプは大きくかさばりますが、破けるような事がありません。一方、空気を入れるインフレータータイプは、コンパクトに収納できますが、破れる可能性があります。それぞれの特徴を理解して選んでください。

僕はサーマレストのリッジレスト ソーライトを使っています。すこし大きいのですが、冷気や湿気を完璧に遮断してくれます。また安いアルミマットと違い、使っているとペシャンコになることはありません。

上用のスタッフサックは別売されています。

キャプテンスタッグのキャンピングマットはコスト的に非常に魅力です。

インフレータータイプのモンベルのエアパッド。簡単に膨らませることが出来るので非常に人気の高いモデルです。

こちらもインフレータータイプ。サーマレストのトレイルプロ。自動膨張式のタイプです。良さそうなのですが、お値段が…。

CB缶が使えるバーナーがおすすめ

僕のお気に入りは新富士バーナーのソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310です。コンパクトですが、価格が高いOD缶(アウトドアメーカーの缶)では無く、価格は安いけど、ちょっと大きいCB缶(家庭用のカセットガス缶)が使えるタイプです。CB缶はホームセンターでもコンビニでも販売しているので、入手性は抜群です。

イワタニのカセットジュニアバーナーもCB缶対応したコンパクトなバーナーです。

コンビニでも売っているイワタニのカセットガス(CB缶)。安くて入手性が抜群なので、ガス切れでも困る事はありません。

イワタニのジュニアサイズ。コンパクトでキャンプツーリング向きのカセットガスです。

クッカーは重ねて収納できるのがおすすめ

ユニフレームの角型クッカー3型は超便利なクッカーです。フライパンはバーベキュープレート代わりに。大きい方はごはんが二合炊けて、インスタント麺が綺麗入るサイズです。小さい方はご飯が一合炊けるサイズ。また四角形なので、角を利用するとケトル代わりにもなります。お値段は高めですが、これ以上のコッヘルはないんじゃないでしょうか?このクッカーは永年にわたって僕が愛用しているクッカーです。

僕が気になっているモンベルのアルパインクッカー。クッカーにメモリが付いているので炊爨しやすいと評判のクッカー。ブラックでカッコイイですね。

明るくコンパクトなLEDランタンとヘッドライトを選びたい

LEDランタンはGENTOS(ジェントス) 、のエクスプローラー プロフェッショナルのEX-777XPと、テントの中や卓上で使うランタンとしてColeman(コールマン) マイクロクアッドLEDランタン 170-9453を使っています。

マイクロクアッドLEDランタンはビール缶くらのサイズで、各ライトが4つに分割できる画期的なデザインをしています。電池は入手しやすい単三形乾電池×4本で、連続使用時間は30時間くらい運用できる優れものです。これ1台買っておくと、いろいろ捗りそうです。

GENTOSのEX-777XPはガスランタン並みに明るく、数日使っても電池が切れることはありませんでした。ホヤを外して逆さに吊るせば、周囲を広く明るく照らしてくれます。デメリットはバイクツーリングには本体サイズが大きく、単一型電池を使用している事くらいでしょうか?

ヘッドライトはモンベルのコンパクトヘッドランプを使っています。単三形電池一本で30時間使えるのは素晴らしい!

これしかない!キャプテンスタッグのローテーブル

ライダー定番のキャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミロールテーブルコンパクト M-3713。屏風状に折り畳みげできるコンパクトなテーブルで、材質はアルミで出来ているので丸洗いできます。コンパクトですが、ソロキャンプから小規模のグループツーリングなら十分使えるテーブルです。
僕はこのテーブルにバーナーを置いて調理、調理の後は食卓として使っています。テントの中でも使えるサイズとても便利です。

これ実はテントマットのサーマレスト、 ソーライト レギュラーを丸めて収納した時に出来る、芯の部分にすっぽり収める事ができます。

あれば便利なレジャーシート

コールマンのレジャーシート。表面に肌触りのある起毛素材で出来ています。裏面にPEVA(ポリエチレン酢酸ビニール)を利用しているので厚みがあり、湿気や汚れに強い作りになっています。これをタープの下に敷いて、リビング・ダイニングとしてロースタイルで使用しています。荷物がかさ張りますが、また寒い時にはテントマットの補助にも使用して冷気や湿気を防ぐことも出来る便利なアイテムです。

日差しや雨から守ってくれる便利なタープ

日差しや雨の日から守ってくれるタープ。またタープの下はキッチン、ダイニング、リビングと大活躍してくれます。有るのと無いのとは大違いなので、コンパクトなタイプを持って行くことをおススメします。

僕が使っているモンベルのミニタープHX。コンパクトなのですが、バイクに積んでいけるぎりぎりのサイズだと思います。なおポールは別売となっています。

上用のタープポールです。三つ折りのタイプが多いのですが、これは五つ折りが出来てコンパクトに収納できるツーリング向けのタープポールです。なお、タープを立てるには2本必要です。

スノーピークのポンタシールドも人気です。長方形のタープなのでシェルター代わりにも使えそうですね。夏だったらこのタープと、コットと寝袋でも十分かもしれません。なおこちらもポールは別売りになっています。モンベルのアルミミニタープポールと使うと良いかもしれませんね。

コールマンのコンパクトタープ、ヘキサライト2。コンパクトなのに以外に広いタープ。ポールは付属していますが、重いスチール製です。

キャンプツーリングにあったら便利なアイテム

折りたためるドリッパー、コーヒーバネットグランデ

ここからはあったら便利。と言うより、無くてもいいんだけど、僕のお気に入りのアイテムを紹介したいと思います。

ユニフレームのコーヒーバネットグランデ。折りたたんでコンパクトになるドリッパー。樹脂や陶器のドリッパーはかさ張りますが、このドリッパーなら荷物になりません。

ユニフレームのコーヒーバネットグランデにはフィルターはハリオV60ペーパーフィルターがピッタリです。

僕が使っているカセットジュニアバーナーとユニフレームのコーヒーバネットグランデ。大自然の中で、丁寧に淹れたコーヒーを飲むのはとても贅沢です。

コーヒーバネットグランデ | ユニフレーム
コーヒーバネットグランデ | ユニフレーム

モンベル(mont-bell) アルパインフライパン

キャンプツーリングでは盛大なバーベキューなんてできませんが、ステーキだったら簡単に調理できて、すこし贅沢な気分になれます。

Amazonでの評価は低いのですが、このフライパンは肉に格子状の焼き目をつける溝が入ったフライパンです。溝に余分な脂がおちて、香ばしく美味しく焼きあがる、ステーキに最適なおすすめのフライパンです。
但し、素材は熱伝導良いアルミなので、フライパンがすぐ焦げ付きます。下手にこま切れ肉なんかを焼いちゃうと、こびり付いてボロボロになってしまうので、ぼくはステーキ専用として使っています。

写真は僕が使っているモンベルのアルミフライパンです。ツーリング先のスーパーで買った、地元産のステーキ肉をモンベルのフライパンで焼いています。見ての通り格子状の焼き目が食欲をそそります。町中のステーキハウスなんかより断然美味しいお肉が食べれますよ!

アルパインフライパン | モンベル
アルパインフライパン | モンベル

まとめ

僕のキャンプツーリングの楽しみは、旅先のスーパーや農産物直売所、道の駅などで買った食材をキャンプ場で調理して食べる事です。もちろんホテルや旅館なんかの料理も良いのですが、地方には都会のスーパーで手に入れる食材より、はるかに美味しい食材が山ほど売っています。
それらを好きなように調理できるキャンプツーリングは贅沢の極みです。今回はなるべく最小限の荷物で、最高のキャンプが出来るように装備を選んでみました。是非、一度地方の食材を堪能してみてください!

このような記事に興味がありませんか?

関連記事:バイク乗りにおすすめ!RAM MOUNTS

関連記事:バイクのヘルメットを買い換えるために比較してみた

関連記事:バイクにリチウムイオンバッテリーを載せる前にいろいろ調べてみた

関連記事:ツーリングにおすすめのバイク用レインウェアを調べたよ

関連記事:バイクでのキャンプツーリングにおすすめの道具をまとめてみた

関連記事:Bluetoothインカム、SENA SMH10D-10を買った話

関連記事:一番安く手軽にバイクで音楽を聞く方法

関連記事:スマートフォンをバイク用ナビとして使ってみた