原尻の滝 |大分県豊後大野市

大分県豊後大野市の原尻の滝は東洋のナイアガラだった

今日はこどもの日。家族で原尻の滝までドライブ。途中、竹田町の丸福食堂で唐揚げ食べてから原尻の滝へ。幅120m、高さ20m。田園に囲まれた平地に突如滝が現れるのが特徴で、「東洋のナイアガラ」と称えられています。
滝の下流には木造の吊り橋があり、すぐ上流には沈下橋も架けられているので、これらの橋を通って滝の周りを一周する遊歩道が整備されています。それに壺の岸まで降りたり、滝壺をボートで遊覧することも出来るようです。しかし、今回は、田植えの時期なのか水量が少なくてちょっと残念!

原尻の滝 | 豊後大野市
原尻の滝 | 豊後大野市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です