NISSIN | ラジアルクラッチマスター

GPZ900Rをちょびっと改造してみた

今日は溜まってたもろもろの作業。まず、ラジアルクラッチマスターの部品一式が揃ったのでやっと交換しました。併せてチョークワイヤーを移設しなければならいので、OWスイッチとチョークワイヤー移設キットを買ったのでちょっと大きな出費になりました。ノーマルでも着きそうだけど、せっかく着けるなら美しくつけないとね。

NISSINのラジアルクラッチマスターは良い!クラッチがアホみたいに軽くなりました。逆にハイスロットルの重さの方が気になるくらい効果的でした。

NISSIN | ラジアルクラッチマスター
NISSIN | ラジアルクラッチマスター

それに合わせるようにBOLZEN(ボルゼン) のボルトも入荷したので、ブレーキ前後をワイヤリング。

BOLZEN | 穴付きボルト
BOLZEN | 穴付きボルト

さらにBulldocker TAGOSのS1シートも取り付け。今まではBEETバックステップ+ノーマルシートで、正座に近いポジションにだったけど、TAGOSのシートは絶妙にアンコ盛りさているので、シートにはまり込むような正座ポジションが劇的に改善され、ライディングの自由度も増しました。今回、店頭在庫のシートを色々と試してみたけど、僕にはTAGOSがベストポジション。それにS1タイプを選んだけん、ちょいヤレた風合いのルックスに仕上がって非常に満足できる買い物でした。

S1シート | Bulldocker TAGOS
S1シート | Bulldocker TAGOS
S1シート | Bulldocker TAGOS
S1シート | Bulldocker TAGOS

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です