月別アーカイブ: 2015年8月

SKT01 | NAVI TIME

スマートフォンをバイク用ナビとして使ってみた

Androidを搭載したSIMフリースマートフォンSKT-01をバイク用ナビゲーションとして使ってみました。システム全体の構成としては、ハードはブルートゥース対応のインカムSENAのSMH-10京セラSKT01。ハンドルにつけるホルダーをMINOURA(ミノウラ)のiH-200Sで、ナビゲーションアプリはNAVITIMEのカーナビタイムを利用します。

ヘルメットにスピーカーを取り付けよう

ヘルメットにスピーカーを取り付けBluetoothレシーバーをコネクトしたヘルメットオーディオか、Bluetooth対応のインカムのいずれかを用意します。

オススメはウィンズジャパンのスピーカーとグリーンハウスのGH-BHRAシリーズの組み合わせたヘルメットオーディシステムがオススメ。

サウンドテック2とBluetoothレシーバー

サウンドテック2とBluetoothレシーバー

Bluetoothレシーバーはグリーンハウスが販売しているGH-BHRA。これをマジックテープでヘルメットに固定しましょう。ヘルメット用スピーカとBluetoothレシーバーの二つで5000円もかからずにヘルメットオーディオが完成します。

関連記事:一番安く手軽にバイクで音楽を聞く方法

ヘルメットに取り付けたブルーツゥースレシーバー

ヘルメットに取り付けたブルーツゥースレシーバー

Bluetooth対応インカムを使うならSENAがオススメです。SENAなら仲間と会話しながら、音楽も聞けて、ナビゲーションシステムの音声も聞くことが出来ます。いまならAmazonで販売されている並行輸入品であれば格安に購入する事ができます。

関連記事:Bluetoothインカム、SENA SMH10D-10を買った話

SENA SMH10D-10

SENA SMH10D-10

LTEに対応したSIMフリースマートフォンを用意しよう。

僕はSIMフリーのスマートフォンのSKT-01を使いました。これにOCNモバイルONEのSIMカードを差して運用します。DOCOMOやau、Softbankなどの大手キャリアですと、通信量によってはスピード制限が掛かってしまいかねません。OCNモバイルONEの110MB/日(150Mbps)であれば月々972円で運用できますし、110MBをオーバーして速度制限(200Kbps)がかかってしまっても、翌日には元のスピード(150Mbps)に戻るので安心です。

アジア製のスマートフォンも格安で数多くありますが、風雨にさらされるバイクなので、国内ブランドで品質管理された防水防塵に対応したスマートフォンをお勧めします。

僕が使っている京セラの高耐久スマートフォンのSKT-01。厳しいMILスペックに対応しているので、雨に濡れても確実に動作してくれます。

関連記事:KYOCERA(京セラ)TORQUE(トルク) SKT01をOCNモバイルONEで使う

TORQUE SKT01

TORQUE SKT01

富士通初のSIMフリースマートフォンARROWS M01。こちらも防水、防塵に対応しています。

 

ナビゲーションのアプリケーションはNAVI TIMEの「カーナビタイム」がおすすめ

NAVITIMEの「カーナビタイム」は圏外でも使える本格派カーナビアプリ。スマートフォンに地図データを保存するので、通信圏外でも地図表示やルート検索やナビゲーションを行ってくれるので、通信量をを気にせず安心して使えます。通信圏内では最新の地図、最新のスポット情報が提供され、ルート上の天候、渋滞情報や駐車場の満空情報、ガソリンスタンドの価格情報など、リアルタイムな情報を受け取る事が可能です。
NAVITIMEでは「ツーリングサポーター」というバイク用のアプリもありますが、こちらは地図をダウンロードする事ができません。通信量を考えると安心して使うことができません。また、「カーナビタイム」でも車種設定画面で「二輪車」を設定できるので「ツーリングサポーター」を使う必要もないかと思います。

ハンドルホルダーはMINOURAの多目的ホルダー

タナックス(TANAX) MOTOFIZZ デジケースマウントセット(ハンドルタイプ) MF-4701のフルカバータイプも考えたのですが、やはりタップ、フリック、ピンチを行うときに不便です。

自転車用品を製造販売しているMINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-220-S] Sサイズ 22mm~29mmを使ってみました。ステーについたホルダー上に裸でスマートフォンを取付けることになりますが、SKT-01は防水、防塵なので問題ありません。これならタップ、フリック、ピンチ操作を行うことが可能です。

MINOURA

MINOURA

実際に使ってみた

福岡から熊本までのツーリングに使ってみたのですが、ものすごく快適でした。MINOURAのホルダーはスマートフォンを完璧にホールドできたのですが、念のためヘアゴムでもスマートフォンをホールドすることにしました。

ナビタイムはマップダウンロードタイプなので、通信量も多く消費されことはありませんでした。まだ音声認識機能などを試していないので、インカムとナビの連携機能あたりを検証していきたいと思います。

注意点としては、急な雨。電子機器に雨は禁物です。IP7Xであったとしても、ショートする可能性があります。雨が降りそうであれば、すぐに取り外してドライバックに入れるのをおススメします。

僕はモンベルのプロテクションアクアペルを使用しています。これはホコリや濡れ、衝撃からカメラ機材などを保護する防水バッグで、縫い目にはシームテープ処理を施すことで防水性を高めているタイプです。

SKT01 | NAVI TIME

SKT01 | NAVI TIME

このような記事に興味がありませんか?

関連記事:バイク乗りにおすすめ!RAM MOUNTS

関連記事:バイクのヘルメットを買い換えるために比較してみた

関連記事:バイクにリチウムイオンバッテリーを載せる前にいろいろ調べてみた

関連記事:ツーリングにおすすめのバイク用レインウェアを調べたよ

関連記事:バイクでのキャンプツーリングにおすすめの道具をまとめてみた

関連記事:Bluetoothインカム、SENA SMH10D-10を買った話

関連記事:一番安く手軽にバイクで音楽を聞く方法

関連記事:スマートフォンをバイク用ナビとして使ってみた

ヘッドフォンとブルーツゥースレシーバー

一番安く手軽にバイクで音楽を聞く方法

バイク(オートバイ)に乗っている時にスマートフォンや音楽、ナビの音声をを聞きたいですよね?今回はiPhoneなどのスマートフォンのBluetooth機能を使ってワイヤレスで一番安く、バイクで音楽を聞けるようにあれこれ考えて自作してみました。

ヘルメットにスピーカーを取り付けよう

まずはヘルメットにスピーカーを取り付けましょう。デイトナやウィンズジャパン、サインハウス、怪しいノーブランドなどから販売されています。個人的にオススメはウィンズジャパンから販売されているスピーカーです。

怪しいメーカーのヘルメット用スピーカーもヤフオクやAmazonマーケットプライスで販売されれいますが、半日でコネクタ部分のケーブルが断線してゴミになった事があるのでオススメしません。

デイトナのヘルメットスピーカーです。Amazonのレビューをみていると耐久性に問題がある指摘がありましたが、価格的に安いのが魅力です。

僕が一押しする、ウィンズジャパンのヘルメット用スピーカーです。3タイプ販売されていて、価格に比例してボリュームがついていたり、音質やスピーカーが薄くなりって、音質が上がっていきます。僕はこのメーカーのスタンダードタイプを使っています。

このメーカーのオススメの点はスピーカーはスピーカーと側とコントロール側とでケーブルが2分割されているところです。ヘルメットにBluetoothレシーバを取付ける場合は長いコードは邪魔になり、ヘルメットのインナーに余ったケーブルを押し込んだりすると、違和感を感じてしまいます。ウィンズジャパンのスピーカーであれば、ほぼコードが余ることはありません。絶妙な長さで設計してあります。

バイク用品界のイード&レベンスクロフトと言われるサインハウスのヘルメット用スピーカー。マジックテープも付属しているので買ったらすぐに取り付けられる便利なオールインワンの製品にっなっています。これを買っておけば間違いない製品。さすがサインハウス!

僕が使っているシステム構成の写真です。ウィンズジャパンのサウンドテック2とグリーンハウスのBluetoothオーディオレシーバーの組み合わせです。単純にBluetoothレシーバーにスピーカーをコネクトするだけです。簡単でしょ?

ヘッドフォンとブルーツゥースレシーバー

ヘッドフォンとブルーツゥースレシーバー

その他の方法として、audio-technicaから販売されているオープン型オンイヤーヘッドホン 耳掛け式 ブラック ATH-EQ300Mを改造して利用する方もあります。おそらくコスト面では一番安く魅力的な方法です。

この場合、イヤーフックが邪魔なのでイヤーフックを取りは外して使います。ATH-EQ300Mのイヤーフックの付け根の部分を小さなドライバーこじるとフックが抜けます。あとは同じようにマジックテープで貼り付けるだけです。しかし、ヘルメット専用としては開発されていないため、コードが長く太いので余ったコードをヘルメットの中にいれるこむとヘルメットの装着感に違和感を感じます。

Bluetoothのオーディオレシーバーをヘルメットに取り付けよう

ヘルメットにスピーカーを取り付けたら、今度はBluetoothのオーディオレシーバーをヘルメットに取り付けます。BluetoothオーディオレシーバーのオススメはGREEN HOUSE(グリーンハウス)から販売されているオーディオレシーバーGH-BHRAシリーズです。おすすめの理由は接続が途切れないことと、小さく目立たない事。これをマジックテープでヘルメットに取り付けて、ヘルメットスピーカーに繋げたら、Bluetooth機能を使えばワイヤレスで通信することができます。
家電屋さんでは在庫をもっていなかったので、僕はAmazonから通販で買いました。

ヘルメットに取り付けたブルートゥースレシーバー

ヘルメットに取り付けたブルートゥースレシーバー

取り付けは粘着取付ができるマジックテープで取り付けます。固定するものが軽いので、走っても外れる事はありません。

その他のBluetoothのオーディオレシーバー

エレコムのLBT-PAR500AVをヘルメットに取り付けた状態のレビューをAmazonで書かれた方がいました。評判は上々のようです。

同じエレコムのレシーバ。これもヘルメットに取り付けたレビューを書かれた方がいました。しかしLBT-PAR500と比べるとと音飛びの報告も見られるモデルです。

Amazonのレビューを見ていると、みなさんいろいろ試行錯誤してヘルメットに取り付けているようで、とても参考になりました。

MP3プレーヤーでもOK

僕の場合はブルートゥースレシーバーをマジックテープで貼り付けましたが、iPod shuffleやTranscendような小型のMP3プレーヤーをマジックテープでヘルメットに貼り付けて、ヘルメット用スピーカーにコネクトする方法もあります。僕は初代iPod Shuffleをヘルメットに貼り付けて、音楽を聞くこともあります。

オススメのTranscendのmp3プレーヤーです。ちょっと大きいのですが、安い。

このiPodshuffle小さくてうすい、そして軽い。しかしiPodshuffleのアルミ地で出来たクリップ部分に粘着テープが張りつかなかったので、ヘルメットのアゴ紐にクリップするなどして使わなければなりませんでした。

自作が面倒くさい人におすすめのBluetoothレシーバーとスピーカーが一緒になった製品。

自作が面倒臭い人は、バイク用品店で販売されているスピーカーとBluetoothレシーバをセットになったバイク専用の既製品を購入しましよう。これを買っておけば、あとは何もいりません!

バイク用品を売っている店で、よく見かけるのはサインハウスのヘルメットオーディオとうたう「B+COM Music」でしょう。サインハウスさんの製品って、どれも作りが良く、使い方をよく考えてあって魅力的な製品をラインナップしています。Amazonでの口コミも上々です!

サインハウス以外であればデイトナから販売されている「聞くだけBluetooth」がオススメです。こちらの方が価格的にかなり安くなっています。

実際に走ってバイクで音楽を聞いてみた

一般道での走行、高速道路での高速走行を行ってみましたが、ヘルメットにマジックテープで取付けたBluetoothオーディオレシーバが落下することはありませんでした。また、ライディンググローブをつけた状態でも再生、再生停止、ボリューム操作などが可能でした。スマートフォンのナビの音声も聞く事も出きたので、今後のツーリングが楽しみになります。

バイクで音楽を聞くのを危険、道交法的に違法では無いかと指摘される方もいますが、ヘルメットという耳の周囲を囲った閉鎖的な環境の中で、外部の音が聞こえなくなるほど音楽の音量を上げると、五月蝿くて我慢できません。小さな音量で十分なので、音楽を聞いてても外部の音も聞く事は可能です。

ちなみに僕のGPZ900R+ツキギマフラー(適法バッフル付き)を高回転まで回すと、音楽なんて聞こえません。聞こえるのは排気音とメカノイズ、風切音だけです。エンジンと人がむき出しになっているバイクの騒音ってのはいかに大きいか改めて感じさせます。よくレーシングライダーが耳栓つけて走っている理由がよくわかりますね。

道路交通法では「安全な運転に必要な音又は声」が聞こえない状態が違反となるとありますので、ここはあまり神経質にならなくても良いと思います。ヘルメットで流す音楽よりも、ヘルメットの風切音や、アイドル状態で周囲の音が聞き取れないくらいの爆音レーシングマフラーを装着したマシンの方が、周囲の音が聞き取りにくいのではないでしょうか?

まとめ

僕が紹介した方法は自作といえば自作ですが、ただマジックテープを使って、ヘルメットにスピーカーとレシーバーを貼り付けただけなので、5分もあれば終わってしまいます。費用については5000円も掛からないお金でバイクでワイヤレスで音楽を楽しめるようになりました。雨が降ったら取り外すことを前提にすれば、この方法が一番安くお手軽にバイクで音楽が聴ける方法ではないでしょうか?

このような記事に興味がありませんか?

関連記事:バイク乗りにおすすめ!RAM MOUNTS

関連記事:バイクのヘルメットを買い換えるために比較してみた

関連記事:バイクにリチウムイオンバッテリーを載せる前にいろいろ調べてみた

関連記事:ツーリングにおすすめのバイク用レインウェアを調べたよ

関連記事:バイクでのキャンプツーリングにおすすめの道具をまとめてみた

関連記事:Bluetoothインカム、SENA SMH10D-10を買った話

関連記事:一番安く手軽にバイクで音楽を聞く方法

関連記事:スマートフォンをバイク用ナビとして使ってみた