月別アーカイブ: 2015年1月

本宮 | 熱田神宮

愛知県名古屋市熱田区にある熱田神宮の宮きしめんときよめ餅を食べた話

天上界を追放された乱暴者なスサノオが、地上に降り立ち、出雲国でヤマタノオロチを倒した時に、その尾から出てきた剣がアメノムラクモノツルギ(草薙の剣)。そしてその剣が祀る為に作られたのが名古屋市熱田区にある熱田神宮です。転勤してからずーっと行きたいと思っていた熱田神宮に、やっとお参りに行く事ができました。

正門(南門)| 熱田神宮

正門(南門)| 熱田神宮

数々の伝説と熱田神宮

668年新羅の僧が天叢雲剣(草薙の剣)を盗み出しこの門を通った。それ以来不吉の門として忌まれて開かずの門になったそうです。草薙剣は、神話の記述の通りであれば熱田神宮の奥深くに神体として秘匿安置されており。誰も見れない様になっており、江戸時代に盗み見た神官の記録では長さは二尺八寸(約85cm)白銅製で、魚の背骨のように節のような珍しい形状をしていて、その後、その神官は祟りで亡くなったと言う記録が残っているそうです。祟りかぁ、怖いなー。でも、見れる物なら見てみたい!公開されないかなー?

清雪門 | 熱田神宮

清雪門 | 熱田神宮

1560年 織田信長が桶狭間出陣の時、熱田神宮に必勝祈願し今川義元に大勝。そのお礼として奉納した塀。

信長塀 | 熱田神宮

信長塀 | 熱田神宮

熱田神宮の本宮です。薄暗くなりつつある夕方だったんだけど、参拝客で賑わっていました。参拝後、社務所で御朱印をゲット!

本宮 | 熱田神宮

本宮 | 熱田神宮

宝物殿も見どころが一杯

宝物殿では「神剣のふるさと出雲の名宝展」が開催されていて、国宝を目玉として様々な重要文化財が展示されていました。

宝物館 | 熱田神宮

宝物館 | 熱田神宮

ぜひ立ち寄りたいきよみ茶屋ときよめ餅

本当ならあつた蓬莱軒のひつまぶしを食べたかったんだけど、今回は境内のきよみ茶屋で宮きしめんを頂いてお腹いっぱい。

宮きしめん | 清め茶屋

宮きしめん | 清め茶屋

帰りにきよめ餅を買って帰りました。部屋に帰って食べたけど、とても美味しいお饅頭でした。

きよめ餅総本家 | 名古屋市熱田区

きよめ餅総本家 | 名古屋市熱田区

まとめ

パワースポット熱田神宮は宝物殿を含めて観光で見て回るなら半日位は必要な場所でした。

〒456-8585
熱田神宮
住所/愛知県名古屋市熱田区神宮1−1−1
TEL/052-671-4151

遊歩大全 | コリン・フレッチャー

イントゥ・ザ・ワイルドと遊歩大全とツーリング

イントゥ・ザ・ワイルドと言う映画を見た。「コレが見たい!」と思った訳ではなかったので、予備知識ない状態で見てたから、最後にノンフィクションと解ってとても驚いた。この映画は1992年に米国のクリストファー・マッキャンドレスという青年が引き起こした事件を元にマドンナの元夫ショーン・ペンが映画化した作品。簡単にあらすじを説明すると、複雑な家庭環境をバックグラウンドに持ったクリストファーが、バックパッカーとなり自分探しの旅に出て、最後はアラスカで自給自足の生活をする…。ってお話。最後がショッキングなんだけどね。書いちゃうとネタバレになるので止めておきます。

昨年、東急ハンズ博多店の一階、トラベルコーナーに置いてあった書籍「遊歩大全(コリン・フレッチャー (著), 芦沢一洋 (翻訳))」。その時は結構な値段の文庫本だったんで悩んだあげく買わなかったんだけど、イントゥ・ザ・ワイルドを見てまた気になったのでAmazonでポチってしまいました。今さらバックパッカーになるつもりも無いし、ロングトレールをする訳もないんだけど、キャンプツーリングの知恵くらいにはなるかなと思って購入。しかし、1977年初版の本なので今となっては一部アウトドアギアについて書かれている部分は古すぎる内容ですが、コリン・フレッチャーのエッセイと思って読むと非常に面白かった。調べてみるとこの本、初版は高値で取引される程、アウトドア界の人たちには知る人ぞ知る名著だったんですね、知らなかった。

一昨年辺りから仕事が忙しくってレース出てないしはMFJライセンスをいるようなレースばかりになっちゃったから、コースライセンス取ってまで遊ぶのはもう止め。仕事で福岡県と愛知県を往復する事になった。折角、愛知にも生活の拠点が出来たんだから、こっちにバイクを持って来てキャンプツーリングにでも行こうかな?クリストファー・マッキャンドレスもコリン・フレッチャーも荒野を目指した。僕はどこを目指そうか?

遊歩大全 | コリン・フレッチャー

遊歩大全 | コリン・フレッチャー