Yellow Corn略してイエコン。それは危険な戦士という意味である

僕のバイクにはYellow Cornと言う、オサレバイクウェアブランドのイカしたパルサーカバーが着いています。。オサレが苦手な僕には似合わないので取り外す事にします。で、先週発注していた部品を引き取りに行って、純正部品に付け替えました。カバー、ガスケット、カワサキマーク、ボルトやらで一万円。これに工具屋で買ったワコーズのスレッドコンパウンドとオイル4Lと廃オイルボックスで五千円。合わせて一万五千円程の出費で月末にはちょっとキツイ。で、付け替えてる時に周りをよく見てみるとオルタネーター上部辺りがオイルで汚れています。こんなところにオイルラインは無いはず、汚れをたどってみるとエアクリーナーから漏れてるようで、どうやらブローバイガスのオイルミストがホースの付け根から垂れているようです。結構出てるので、早々にキャッチタンクを装着して様子を見てみます。

GPZ900R | YELLOW CORN
GPZ900R | YELLOW CORN
GPZ900R | GENUINE PARTS
GPZ900R | GENUINE PARTS

やっぱここは純正の方がカッコいいよね。

ヤフオク!でGPZ900Rの純正シートを手に入れる

この写真のシート、Yahoo!オークションでA7に装着されておた中古シートで価格が7700円もしたので、ちょっと高かったけど結構綺麗そうなノーマルシートだったので思い切って落札。今まで着いとったシートはアンコ抜きしてあったので、少し窮屈なライディングポジションだったけど、このノーマルシートと交換したらかなりポジションが改善されました。

GPZ900R | A7シート
GPZ900R | A7シート

このような記事に興味がありませんか?

関連記事:バイク用のBluetooth対応インカムを比べてみた話

関連記事:一番安く手軽にバイクで音楽を聞く方法

関連記事:スマートフォンをバイク用ナビとして使ってみた

関連記事:GPZ900Rに中華製バッテリーを載せてみた

関連記事:マジカルレーシングのGPZ900用アンダーカウルはコーナーで路面に当たってしまう

関連記事:GPZ900Rのフロントキャリパーをメンテナンス

関連記事:GPZ900RにETCと「電源君」を取り付けた

関連記事:ヤフオク!でGPZ900Rの純正シートを手に入れる