GPZ900R | KAWASAKI

GPZ900Rの電装系のメンテナンス

エンジン不動の件、今日、サビサビになっているスターターリレーのカプラにCRCを吹き付けて抜き差しすると、何事も無かったようにエンジン始動しました。

サイドカバーを開けたついでに、チェーンオイルまみれになっていた、ジャンクションボックスも取り外してパーツクリーナー+グリスでメンテ。やっぱりチェーンカバーは着けていなければダメなようです。

ボックスの裏側のカプラはオイルに砂利が固着して酷い有様。おまけにジャンクションボックスは既にボルトで嵌合出来ず、インシュロックで固定している状態だったので、ジャンクションボックスもスターターリレーと交換しないとダメみたいです。

今回さらにヘッドライトが点いたり消えたりする現象の原因追及をしたんだけど、アクティブの薄型スイッチのハーネスが原因のようです。これも交換しないとダメなようです。この辺りを一通りやれば電装系は一通り問題なくなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です