ほうしゅう楽舎

東峰村のほうしゅ楽舎に行ったてきた

家族と一緒に秋月城址まで紅葉狩りに行ってきたついでに、東峰村にあるほうしゅう楽舎へランチを食べにいってきました。ほうしゅう楽舎は廃校舎を利用した宿泊室と食事ができる食堂も併設されています。

昭和時代にタイムスリップするほうしゅう楽舎

建物は古い廃校舎を利用しています。まるで昭和30年代にタイムスリップした感覚になります。

ほうしゅう楽舎
ほうしゅう楽舎

建物は古く見えるのですが新しい。とてもきれいです。ほうしゅう楽舎の方に聞いてみると、当時の部品は窓枠くらいで、あとはすべて作り直しているそうです。

ほうしゅう楽舎
ほうしゅう楽舎

メニューは300円〜からです。やっぱり地元のおばちゃんが作る「おふくろ定食」って気になりますね。

ほうしゅう楽舎
ほうしゅう楽舎

と、言うことで家族4人全員「おふくろ定食」をチョイス!「がめ煮」「野菜の天麩羅」が染み渡るように美味しい。そして生姜で味付けしてある「千きり大根」が激ウマ!この発想はなかった。

ほうしゅう楽舎
ほうしゅう楽舎

食後には珈琲とシフォンケーキがついてきます。これでなんと1,000円!もうお腹いっぱいです。

ほうしゅう楽舎
ほうしゅう楽舎

ほうしゅう楽舎でのお食事は11時から14時までの土、日曜日の昼食に限ります。また、この付近には棚田親水公園や棚田100選に選ばれている竹地区の棚田など、結構面白そうなスポットもありますので、これらにあわせて是非、一度ほうしゅう楽舎に行ってみてください!

このような記事に興味がありませんか?

関連記事:世界遺産国内推薦の宗像大社までツーリングに行ってきた話

関連記事:佐賀県佐賀市のカフェのっちと巨石パークまで行ってきた

関連記事:長崎県松浦市の海上屋台三軒屋までツーリングに行ってきた

関連記事:うきは市と久留米市までツーリングにいってきたよ

関連記事:鹿児島黒毛和牛とカツオの刺身を食べるグルメツーリング

関連記事:うちのたまごと筑前インド月と亀にいってきた

関連記事:窓から見える阿蘇山の借景が美しいヒバリカフェ

関連記事:佐賀県佐賀市三瀬村のカフェ、クロモジに行った話

関連記事:福岡県糟屋郡篠栗町の茶房わらび野は絶景のカフェだった

関連記事:僕がオススメする豆からコーヒーを淹れるための必要な道具たち

関連記事:佐賀県佐賀市三瀬村の珈道庵三瀬山荘に行ってきた話

関連記事:熊本県小国町の「森の時間」はとてつもなくセンスが良かった

今回の旅で訪れた場所へのアクセスはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です