遊歩大全 | コリン・フレッチャー

イントゥ・ザ・ワイルドと遊歩大全とツーリング

イントゥ・ザ・ワイルドと言う映画を見た。「コレが見たい!」と思った訳ではなかったので、予備知識ない状態で見てたから、最後にノンフィクションと解ってとても驚いた。この映画は1992年に米国のクリストファー・マッキャンドレスという青年が引き起こした事件を元にマドンナの元夫ショーン・ペンが映画化した作品。簡単にあらすじを説明すると、複雑な家庭環境をバックグラウンドに持ったクリストファーが、バックパッカーとなり自分探しの旅に出て、最後はアラスカで自給自足の生活をする…。ってお話。最後がショッキングなんだけどね。書いちゃうとネタバレになるので止めておきます。

昨年、東急ハンズ博多店の一階、トラベルコーナーに置いてあった書籍「遊歩大全(コリン・フレッチャー (著), 芦沢一洋 (翻訳))」。その時は結構な値段の文庫本だったんで悩んだあげく買わなかったんだけど、イントゥ・ザ・ワイルドを見てまた気になったのでAmazonでポチってしまいました。今さらバックパッカーになるつもりも無いし、ロングトレールをする訳もないんだけど、キャンプツーリングの知恵くらいにはなるかなと思って購入。しかし、1977年初版の本なので今となっては一部アウトドアギアについて書かれている部分は古すぎる内容ですが、コリン・フレッチャーのエッセイと思って読むと非常に面白かった。調べてみるとこの本、初版は高値で取引される程、アウトドア界の人たちには知る人ぞ知る名著だったんですね、知らなかった。

一昨年辺りから仕事が忙しくってレース出てないしはMFJライセンスをいるようなレースばかりになっちゃったから、コースライセンス取ってまで遊ぶのはもう止め。仕事で福岡県と愛知県を往復する事になった。折角、愛知にも生活の拠点が出来たんだから、こっちにバイクを持って来てキャンプツーリングにでも行こうかな?クリストファー・マッキャンドレスもコリン・フレッチャーも荒野を目指した。僕はどこを目指そうか?

遊歩大全 | コリン・フレッチャー
遊歩大全 | コリン・フレッチャー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です