bodum (ボダム) COLUMBIA(コンロンビア)

僕がオススメする豆からコーヒーを淹れるための必要な道具たち

スターバックス、ブルーボトルコーヒー、コメダ珈琲、星野珈琲といろいろありますが、ちゃんと道具を揃えれば、専門店以上のコーヒーを我が家で楽しむことができます。今日はこれだけ揃えれば、美味しい珈琲が飲める、おすすめの道具を紹介したいと思います。

コーヒー豆を挽く、コーヒーミル。

Hario | セラミックコーヒーミル

Hario | セラミックコーヒーミル

僕はハリオ社のセラミックコーヒーミルを使っています。セラミックとステンレスでできているので、丸洗いが可能です。またフタが付いているので、挽いた後に保存することが可能です。

一杯立てにオススメのカフェオールドリッパー

一杯立てする時は、ハリオ社のカフェオールドリッパーを使っています。このハリオ カフェオールドリッパーは、ステンレスメッシュを採用しているので、ペーパー不要でコーヒーアロマをしっかり抽出するコーヒードリッパーです。ペーパーフィルターで抽出したコーヒーとはひと味違う本格アロマのコーヒーが味わえます。

Hario | カフェオールドリッパー

Hario | カフェオールドリッパー

たくさん淹れる時はフレンチプレスのbodum (ボダム) COLUMBIA(コンロンビア)がオススメ

来客の時や家族全員で飲む時はbodum (ボダム) 社のCOLUMBIA(コンロンビア)1Lを使っています。ポットのような形をしたお洒落なフレンチプレスは2層構造になっているので、1時間以上は適温でコーヒーを保温する事ができ、他社より大きめの網目なのでコーヒー豆の油分や旨味をしっかりと抽出してくれます。

bodum (ボダム) COLUMBIA(コンロンビア)

このフレンチプレスは片付けが面倒臭いと言われますが、コーヒーを入れ切ったら、ビニール袋に入れてしまって、ゴミ箱へポイ。フレンチプレスのお手入れは案外簡単です。

いい道具が揃ったら、いい珈琲豆を買おう!

そして一番大事な珈琲豆。僕がおすすめするのは福岡県大野城市にあるコーヒーの専門店、豆香洞コーヒー(とうかどうこーひー)の豆です。ここの焙煎室はガラス張りになっていて丁寧にハンドピックされ焙煎される様子を僕ら消費者が確認できるようになっています。いろんなコーヒーショプを回るのですが、僕はここのコーヒーが安全、安心で一番美味しく感じます。通販もやっているので遠方の方も購入できますよ!

このような記事に興味がありませんか?

関連記事:佐賀県佐賀市三瀬村の珈道庵三瀬山荘にいった話

関連記事:福岡県糟屋郡篠栗町の茶房わらび野は絶景のカフェだった

関連記事:熊本県小国町の「森の時間」はとてつもなくセンスが良かった

関連記事:僕がオススメする豆からコーヒーを淹れるための必要な道具たち

関連記事:福岡県飯塚市のカカオ研究所でホットカカオを頂きました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です