SR400 | YAMAHA

バイク用のBluetooth対応インカムを比べてみた話

奥さんのエストレアと僕のW650と2台でツーリングに行くとき、Bluetooth(ブルートゥース)で通信するインカムを使って会話が出来れば便利だと思ったので、買う前にWebで販売されている機種の特徴などを比較してまとめてみました。

デイトナCOOLROBO EasyTalk2

デイトナが主にタンデムツーリング用としての販売しているクールロボイージートーク2。

デイトナCOOLROBO EasyTalk2の特徴
○ペアリング済みなので電源ONすると即会話が出来ます。
○100M通信可能
○無音時マイク自動OFF機能付。
○まざまなヘルメットに装着が可能です。
○ヘルメットへ引っ掛けるだけで装着可能。
○ 直線なら300メートル 緩い山道なら100メートル 山道なら50メートルくらいまで使えます。

デイトナCOOLROBO EasyTalk2のまとめ
これ、僕の友達が持っていたので、借りて使ったの事があるんですが、やはりタンデム用なので2台以上の接続はできませんし、通話できる距離がやはり短く、信号待ち以外では音声が途切れることもありました。寒い冬だと電池の持ちも悪い気がしました。でも、この価格は魅力ですね。

デイトナCOOLROBO EasyTalk3

これもデイトナが販売している新型のクールロボイージートーク3

デイトナCOOLROBO EasyTalk3の特徴
○約200m離れての通信可能
○Bluetooth®を採用。スマ-トフォン接続、音楽再生、ナビやレーダーといった機器とのペアリングも可能。
○ウィンドリダクションやノイズキャンセリング機能を搭載。クリアな音質を実現。
○防水性能IP67相当。
○携帯電話2台接続、同時待受可能。受話、終話、ラストナンバーリダイヤル、拒否、キャッチホン切替えが可能。iPhoneに接続すればSiriの使用も可能。
○ミュージックシェア機能採用。1台のミュージックプレーヤーの音楽を、2人で同時に共有して聴くことが可能。
○充電式電池を採用。連続最大通話時間は12時間。
○ボイスミキサー機能搭載。携帯電話で通話中に、ナビやレーダーの音声、音楽を同時に聴くことが可能。※HFPの機器に限る。
○分かりやすい日本語音声案内仕様。機能設定や操作を安心サポート。
○ファームウェアアップデート可能。PCに接続すればソフトウェアの更新ができます。

デイトナCOOLROBO EasyTalk3のまとめ
やはり通信距離200mがネックですね。ウェブのレビューを読んでてもタンデムで使っている方が多いようです。

デイトナCOOLROBO GT

もう一つデイトナが販売しているクールロボGT。こちらはタンデム用途ではなく、4台までのグループ通話ができ、通話距離が1500mまで対応した機種です。

デイトナCOOLROBO GTの特徴
○グループトーク、電話、ミュージック、ナビ・レーダーがこれ1台で可能。
○グループトークは最大4人。
○最大通話距離約1,500m。まで通信可能。
○他社製インカムでもペアトークのペアリングOK!
○レーダーとナビを同時接続し、音声を発した側を優先的に聴くことが可能

デイトナCOOLROBO GTのまとめ
イージートークをグループトークが出来るようにした製品がこのクールロボGTです。FMラジオ機能が付いていますし、ライダーにとって知名度抜群のデイトナ製。インカムとしての基本機能は全てもっています。

サインハウスB+COM(ビーコム)SBX5X

サインハウスが販売しているビーコム。バイク用品店でも店頭に並んでいるポピュラーなインカムです。SBX5Xは2015年の春に新発売されたもです。SBX4Xの後継機種です。

サインハウスB+COM(ビーコム)SBX5Xの特長
○大容量820mAリチウムポリマーバッテリーにより、最大16時間の超ロングライフを実現。最大約10時間で1日のツーリングでも電池切れのストレスなく十分使用可能です。
○雨でも大丈夫。IP67レベルの高い防水性により、突然の雨でも心配いりません。
○通信距離、最大約1.4km。パワフルなアンテナで、実用的な距離でも安定した通信が可能です。
○オートグループコール
チェーン方式で接続するグループ通話は接続が面倒と感じることがあります。B+COM SB5Xはオートグループコール機能を搭載。先頭の1人が簡単な1アクションの操作だけで、順番にインカムコールを行い、グループ通話を成立します。他の仲間をコールを待つだけ、と簡単です。
○相手がB+COMでも他のBluetoothヘッドセットでも接続可能
○音楽を聴きながら会話が可能。

サインハウスB+COM(ビーコム)SBX5Xのまとめ
ナップスやライコランドなどで良く展示されていますね。この前モデルのSBX4Xを友達が使っているのですが、かなり評判が高い機種です。しかし、他メーカーの2台セット分の価格で1台しか買えない高い価格設定…。ここまで高いと我が家で2台買い揃えるのは無理です。さらに、アマゾンのユーザーレビューで音割れが多数報告され、某掲示板でも未完成品と叩かれているようです。メーカーではソフトウェアのアップデートで対応との事ですので、注意して購入されたほうがいいと思います。

さすがサインハウスさん。2015年10月よりSBX5Xのアップデートが開始されました。不具合にもしっかりとした対応をしてくれる国産ブランドならではの安心感がありますね。
参考URL:「ビーコムSB5X 良い音バージョンアップキャンペーン」実施のお知らせ

◆アップデート内容◆
一部の楽曲や音域、音量により音割れが発生する事象の改善インカム通話音質の最適化SB5X側出力ボリュームレベルの最適化(MAX音量の増大)前回アップデートプログラムV1.1にて改善していないデバイスへのボリュームレベル不整合問題の最適化※本プログラム「V1.2」での未対応状況は以下となっております。

サインハウスB+COM(ビーコム)SBX4X Lite

SBX5Xへ進化したSBX4X。これの細部を見直し、改良した新商品がSBX4XLiteです。培倶人さんでも紹介されているインカムです。

※シングルユニット

※シングルユニット

サインハウスB+COM(ビーコム)SBX4X Liteの特徴
○「インカム通話機能」、「携帯電話ハンズフリー通話機能」、「音楽リスニング機能」搭載で基本的な機能は抑えてあります。
○旧モデルのSB4Xのオプション品を使用することができます。
○ジェットヘルメットに対応したアーム型マイクのセット「アームマイクUNIT」と、フルフェイスに対応した「ワイヤーマイクユニット」。オプションでそれぞれのマイクを購入して使用することも可能です

サインハウスB+COM(ビーコム)SBX4XLiteのまとめ

2015年6月に発表されたSBX4XLite。SBX5Xの評判が悪く、急きょ、前モデルのSBX4Xを再販したと勘繰ってしまいます。ただ、SBX4Xは評判も良かったので、このモデルは期待出来るのではないでしょうか?発売さて間もないので、Webでのレビューの動向が気になります。また、過去に培倶人さんや、風まかせさんなどでも紹介されているので参考にしては如何でしょうか?

Interphone インターフォン F5MC

有限会社トーヨー産業が販売している、Interphone インターフォン F5MC。

Interphone(インターフォン)F5MCの特徴
○最大通話距離は1300m
○全天候対応! IP67規格適合の防水性能
○最大4人までの同時通話が可能

Interphone(インターフォン)F5MCまとめ
Interphoneは僕が参加した、SPA直入のライディングスクールで使用されていました。インターフォンを使用していれば、インストラクターと走りながらレクチャーができるとの事でした。
その他、ライダーズクラブのライディングパーティーや柏秀樹ライディングスクール。クシタニライディングアカデミーなど対してスポンサードして使われているようです。
ほかの製品と比べてこれと言って特徴がないのに、2台で6万円はちょっと高すぎかな?

MIDLAND  BT X2 FM 

株式会社LINKSが販売しているMIDLAND。

MIDLAND BT X2 FMの特徴
○BT X2は、ライダーを含めて3台での通話。
○別売りのBTリモートを付ければ、ハンドルから操作が可能
○通話距離は800m。
○ボリュームに併せて音量の自動調整
○ソフトウェアの更新(Windowsのみ)
○他社ブランドとの通話が可能

MIDLAND BT X2 FMまとめ
評価も高く価格は安いのですが、ライダーを含めて3台でしか通話できません。これでは他社ブランドで通話できてもあまり意味がないかも?

MIDLAND BT NEXT-C

MIDLAND  BT X2 FM の上位機種です。

BT NEXT-CSの特徴
○BT NEXT-CSは、ライダーを含めて6台での通話。
○別売りのBTリモートを付ければ、ハンドルから操作が可能
○通話距離は1600m。
○ボリュームに併せて音量の自動調整
○ソフトウェアの更新(Windowsのみ)
○他社ブランドとの通話が可能

BT NEXT-CSまとめ

6台までの通話や別売りのBTリモート対応、通話距離1600Mなど魅力的な製品です。ただ、お値段が悩むところです。

MIDLAND BTリモート(別売オプション)

このBTリモートを取り付けると、MIDLANDのNEXT-CとX1およびX2をハンドルでコントロール出来るようになります。

MIDLAND BTリモートの特徴
ハンドルからインカムを操作できる。

MIDLAND BTリモートまとめ

非常に考えられた面白い製品なのですが、ハンドルからインカムを操作するだけの製品と言ってしまえばそれまでです。サイズも大きいので、付けるところに考えないと、上手く操作できるのか解りません。それにちょっとお値段がが高いですね…。

Kemeko Bluetooth KR02iMIC

ファインバレイ株式会社がKemeko touring customize の製品ラインとしてリリースしているインカムです。

Kemeko Bluetooth KR02iMIの特徴
○1対1のインカム機能。
○使用時はほとんど操作の必要がありません。
○着信音による自動着信機能
○スマ-トフォンによる音楽再生/電話通話/GPS音声が同時に使用可能。※インカム使用時は電話通話のみ可能。
○本製品はヘルメット内に収まります。

Kemeko Bluetooth KR02iMICまとめ

ヘルメット内部に収めることが出来て、コスト的にも魅力です。グループ通話はできません。また、通話距離が200-300mと短く、タンデムなら良いのですが、2台で使うには問題があります。

SENA SMH10D-10

株式会社インターソリューションマーケティングが販売しているインカムです。Web通販各社のレビューを見ていると2台パックの並行輸入品がかなり評判が高いようです。

SENA SMH10D-10の特徴
○マイクロUSB給電。
○簡単操作のジョグダイヤルで相手を選んで会話が可能。(最大は4台)
○SMH-A0301ブーム型クランプユニット標準同梱。
○携帯電話とワイヤレスで接続できる為、運転中でもハンズフリーでの会話ができ、音楽やGPSナビをクリアーにステレオで聴けます。
○通話距離は900m。
○AVRCP機能で、Bluetooth機器で音楽は、再生、停止、早送り、戻りをコントロール。
○正規品はファームウェアのアップグレートが可能。
○並行輸入品は安い。しかしファームウェアのアップグレードが出来ない。(USサイトで可能)

SENA SMH10D-10のまとめ
この機種の並行輸入品をAmazonで買えることを、使っている友人から教えてもらいました。マイクのブーム部分が弱いと言っていましたが、補修部品で交換可能で、ファームウェアアップグレードもUSサイト経由からアップグレード出来るということでした。

SENA SMH-20S

こちらも株式会社インターソリューションマーケティングが販売しているインカムです。SMH-10Dと比べると、コンパクトになってFM放送が聞けるなどの機能が追加されています。

○最大2Kmの通話距離
○FMラジオ対応
○あらゆるヘルメットに対応したクランプセットが付属
○他メーカーのインカムと通話が可能
○A2DP対応で通話中も音楽とナビの音声が聞ける

SMH-20Dまとめ

いままでのインカムよりコンパクトでスマート、十分な通話距離。そしてA2DP対応で通話していても音楽とナビの音声がバックグランドで聞ける。もう文句なしのインカムです。正規輸入品であれば国内サポートも受けられるので、おすすめのインカムです。

SENA SMH-05  SMH-05FM

こちらも株式会社インターソリューションマーケティングが販売しているインカムです。SMH-10Dと比べると、機能を削減したモデル。 SENA SMH-05 はベースモデル。ベースモデルにFMラジオの機能を使いしたのがSMH-05FMになります。

○通話距離400m
○待受時間168時間で通話時間8時間
○SMH5D-FM-01はFMラジオチューナー内蔵

SENA SMH-05  SMH-05FMまとめ

SMH-10と比べると、通話距離が落ちますが、基本性能を抑えつつ、ベーシックモデルと言っていいインカムですね。

SENA 3S

こちらも株式会社インターソリューションマーケティングが販売しているインカムです。コンパクトでヘルメットのデザインを壊さないインカム。

○ヘルメットのデザインを壊さないくらいコンパクト
○通話距離最大200m
○7時間連続待機時間

SENA 3Sまとめ

非常に安価でヘルメットにつけてもデザインを壊さないくらいコンパクトなインカムです。しかし、通話距離と待受通話時間が短いインカムなので、使い方にもよるとは思いますが、1日もたない可能性があります。やはりコンパクトに仕上げると、トレードオフされるところが出てくるんですね。

COOCASE COOCOM CBTS302

Nプロジェクトが取り扱っているクーケース。主にトップケースのメーカーですが、インカムも製造しています。

COOCOMCBTS302の特徴
○タンデム通話とペアリングが楽しめます。
○タンデムまたは、ペアツーリングと携帯電話を同時に使用可能。
○ハンドルから手を離すこと無く操作ができる自動着信機能。
○100mの電波到達距離があり、高速道路でも安全な車間が取れます。
○約7時間連続使用可能な省電力設計。

COOCOMCBTS302のまとめ
電波到達距離が100mってのがものたりないのですが、ペアセットがAmazonで3万円以内で買えるとても安価なインカムです導入費用を抑えたい方にはいい製品かもしれません。

6Riders Interphone-V4

6RidersはAmazonで販売される、激安インカムの代表といっても良いような製品です。

4Riders Interphone-V4の特徴
○最大4機間で同時通話が可能
○最大通信距離:約700m(直線障害物無しの場合約1km)
○使用可能時間:待機時:約240時間 / 使用時:約8時間
○充電時間:約3時間
○本体機構:生活用防水
○ノイズキャンセラー(DSP)
○Bluetooth機能(A2DP/EDR)
○ペアリング登録可能数(1機):2機
○ペアリンググループ数:4機

4Riders Interphone-V4のまとめ
基本性能は他のインカムと遜色がない4Riders Interphone-V4。Amazonで6カ月ほど保証が付くと明記して販売している出品者がいます。なぜか商品名にKoolertronやLEXINの名前が入っています。

その怪しさから中国製っぽかったので、中国製の通販サイト、淘宝網やAliExpressで価格を調べてみましたが、日本のAmazonと同じような価格で売られていました。もっと安いと期待したんですけどね。いい意味で裏切られました。
しかもAliExpressでは6ridersの2013年モデルと2015年モデルの比較情報まで記載されていました。

ただ生活防水と言うことなので、雨には弱そうな気がしますが、どうでしょうか?その辺りを考慮して、中華品質を楽しむという心構えがあるような方にはいいかもしれませんね。

その他の Bluetoothインカム

6Ridersを除けば、その他は素性がなんとなく解るもものなのですが、Amazonでは素性がよくわからない激安の機種がいくつも販売されています。もはや同じメーカーなのか?違うのか?同じ機種なのか?違うのか?それらも良く解りません。AliExpressで調べてみると、6ridersと共にシリーズ化されている製品たちのようです。さらにアクセサリーなんかもあるし…。さすが中華製、奥が深い!

その他Bluetoothインカムの特徴
激安のインカムは品質にも当たり外れがあるようです。また、SENAのようにリペア品も日本で販売されていません。先にも書きましたが、中華品質を楽しむ、壊れたら捨てるといった心構えをもって購入するようにしましょう。

その他 Bluetoothインカムのまとめ
激安で販売されていますので、価格は非常に魅力的です。しかし、品質のバラつきがあるようなので買うには勇気がいります。ハズレを買ってしまったら、捨てる覚悟ができているのであれば良いかもしれませんね。

まとめ

僕の条件としてスマートフォンのiPhone6plusにペアリンクして、インカムとしても使えて、電話も取れて、音楽も聞けて、ナビの音声も聞ける。距離が離れていても通話も途切れにくく、安価である事が条件です。

今回、いろいろバイクで使えるブルートゥースに対応したインカム比較しましたが、候補として5機種に絞りました。一つはCOOLROBO EasyTalk2はやはり通話距離に問題があります。COOLROBO GTはAmazonでの評価が低い。一番評価が高いのは不具合に対してもしっかりとした対応をするサインハウスのB+COM。作りも良く、高評価で悪い話は聞きませんが、僕には高すぎて買えません。僕の用途ではBT NEXT-CSが一番良さそうなんですが、こちらも高い。
本当に欲しいのはサポートがしっかりしているサインハウスのB+COM SB4X Lite
ですが、senaのSMH10も評価も高く、価格もBT NEXT-CSよりこなれています。いろいろ考えて、僕は並行輸入品のセナのSMH10D-10をポチってみました。詳しいインプレッションはまた書きたいと思います。

この記事には続きがあります。
関連記事:Bluetoothインカム、SENA SMH10D-10を買った話

このような記事に興味がありませんか?

関連記事:バイク乗りにおすすめ!RAM MOUNTS

関連記事:バイクのヘルメットを買い換えるために比較してみた

関連記事:バイクにリチウムイオンバッテリーを載せる前にいろいろ調べてみた

関連記事:ツーリングにおすすめのバイク用レインウェアを調べたよ

関連記事:バイクでのキャンプツーリングにおすすめの道具をまとめてみた

関連記事:Bluetoothインカム、SENA SMH10D-10を買った話

関連記事:一番安く手軽にバイクで音楽を聞く方法

関連記事:スマートフォンをバイク用ナビとして使ってみた

「バイク用のBluetooth対応インカムを比べてみた話」への2件のフィードバック

  1. SMH-5を使っていましたが、2年程でバッテリーの持ちが悪くなり
    3時間も持たなくなりました。修理費用も1台新品が買えるほどの見積でしたのでやめました。SMH-10ならバッテリー容量も大きいので大丈夫でしょうね。

  2. ふっきん2様
    コメントありがとうございます!僕のSMH-10は1年も経過していないので、8時間以上は動いています。先日も博多から鹿児島まで約8時間程度、ナビと友人のSMH-5と会話してツーリングしましたが。問題ありませんでした。SENAが2年でバッテリーがダメになるなら、中華製の激安バイク用インカムでもいいのかもしれませんねー。ぼくももう少しSMH-10を使い込んでまたレポートしたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です