SKT01 | NAVI TIME

スマートフォンをバイク用ナビとして使ってみた

Androidを搭載したSIMフリースマートフォンSKT-01をバイク用ナビゲーションとして使ってみました。システム全体の構成としては、ハードはブルートゥース対応のインカムSENAのSMH-10京セラSKT01。ハンドルにつけるホルダーをMINOURA(ミノウラ)のiH-200Sで、ナビゲーションアプリはNAVITIMEのカーナビタイムを利用します。

ヘルメットにスピーカーを取り付けよう

ヘルメットにスピーカーを取り付けBluetoothレシーバーをコネクトしたヘルメットオーディオか、Bluetooth対応のインカムのいずれかを用意します。

オススメはウィンズジャパンのスピーカーとグリーンハウスのGH-BHRAシリーズの組み合わせたヘルメットオーディシステムがオススメ。

サウンドテック2とBluetoothレシーバー
サウンドテック2とBluetoothレシーバー

Bluetoothレシーバーはグリーンハウスが販売しているGH-BHRA。これをマジックテープでヘルメットに固定しましょう。ヘルメット用スピーカとBluetoothレシーバーの二つで5000円もかからずにヘルメットオーディオが完成します。

関連記事:一番安く手軽にバイクで音楽を聞く方法

ヘルメットに取り付けたブルーツゥースレシーバー
ヘルメットに取り付けたブルーツゥースレシーバー

Bluetooth対応インカムを使うならSENAがオススメです。SENAなら仲間と会話しながら、音楽も聞けて、ナビゲーションシステムの音声も聞くことが出来ます。いまならAmazonで販売されている並行輸入品であれば格安に購入する事ができます。

関連記事:Bluetoothインカム、SENA SMH10D-10を買った話

SENA SMH10D-10
SENA SMH10D-10

LTEに対応したSIMフリースマートフォンを用意しよう。

僕はSIMフリーのスマートフォンのSKT-01を使いました。これにOCNモバイルONEのSIMカードを差して運用します。DOCOMOやau、Softbankなどの大手キャリアですと、通信量によってはスピード制限が掛かってしまいかねません。OCNモバイルONEの110MB/日(150Mbps)であれば月々972円で運用できますし、110MBをオーバーして速度制限(200Kbps)がかかってしまっても、翌日には元のスピード(150Mbps)に戻るので安心です。

アジア製のスマートフォンも格安で数多くありますが、風雨にさらされるバイクなので、国内ブランドで品質管理された防水防塵に対応したスマートフォンをお勧めします。

僕が使っている京セラの高耐久スマートフォンのSKT-01。厳しいMILスペックに対応しているので、雨に濡れても確実に動作してくれます。

関連記事:KYOCERA(京セラ)TORQUE(トルク) SKT01をOCNモバイルONEで使う

TORQUE SKT01
TORQUE SKT01

富士通初のSIMフリースマートフォンARROWS M01。こちらも防水、防塵に対応しています。

 

ナビゲーションのアプリケーションはNAVI TIMEの「カーナビタイム」がおすすめ

NAVITIMEの「カーナビタイム」は圏外でも使える本格派カーナビアプリ。スマートフォンに地図データを保存するので、通信圏外でも地図表示やルート検索やナビゲーションを行ってくれるので、通信量をを気にせず安心して使えます。通信圏内では最新の地図、最新のスポット情報が提供され、ルート上の天候、渋滞情報や駐車場の満空情報、ガソリンスタンドの価格情報など、リアルタイムな情報を受け取る事が可能です。
NAVITIMEでは「ツーリングサポーター」というバイク用のアプリもありますが、こちらは地図をダウンロードする事ができません。通信量を考えると安心して使うことができません。また、「カーナビタイム」でも車種設定画面で「二輪車」を設定できるので「ツーリングサポーター」を使う必要もないかと思います。

ハンドルホルダーはMINOURAの多目的ホルダー

タナックス(TANAX) MOTOFIZZ デジケースマウントセット(ハンドルタイプ) MF-4701のフルカバータイプも考えたのですが、やはりタップ、フリック、ピンチを行うときに不便です。

自転車用品を製造販売しているMINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-220-S] Sサイズ 22mm~29mmを使ってみました。ステーについたホルダー上に裸でスマートフォンを取付けることになりますが、SKT-01は防水、防塵なので問題ありません。これならタップ、フリック、ピンチ操作を行うことが可能です。

MINOURA
MINOURA

実際に使ってみた

福岡から熊本までのツーリングに使ってみたのですが、ものすごく快適でした。MINOURAのホルダーはスマートフォンを完璧にホールドできたのですが、念のためヘアゴムでもスマートフォンをホールドすることにしました。

ナビタイムはマップダウンロードタイプなので、通信量も多く消費されことはありませんでした。まだ音声認識機能などを試していないので、インカムとナビの連携機能あたりを検証していきたいと思います。

注意点としては、急な雨。電子機器に雨は禁物です。IP7Xであったとしても、ショートする可能性があります。雨が降りそうであれば、すぐに取り外してドライバックに入れるのをおススメします。

僕はモンベルのプロテクションアクアペルを使用しています。これはホコリや濡れ、衝撃からカメラ機材などを保護する防水バッグで、縫い目にはシームテープ処理を施すことで防水性を高めているタイプです。

SKT01 | NAVI TIME
SKT01 | NAVI TIME

このような記事に興味がありませんか?

関連記事:バイク乗りにおすすめ!RAM MOUNTS

関連記事:バイクのヘルメットを買い換えるために比較してみた

関連記事:バイクにリチウムイオンバッテリーを載せる前にいろいろ調べてみた

関連記事:ツーリングにおすすめのバイク用レインウェアを調べたよ

関連記事:バイクでのキャンプツーリングにおすすめの道具をまとめてみた

関連記事:Bluetoothインカム、SENA SMH10D-10を買った話

関連記事:一番安く手軽にバイクで音楽を聞く方法

関連記事:スマートフォンをバイク用ナビとして使ってみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です